Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

【特集展示】 チベット仏教の美術 ※会期終了しました

仏頂尊勝母坐像

仏頂尊勝母坐像(會津八一コレクションAY-B-084)

展示情報

  • 会期
    2016年12月8日(木)~1月31日(火)
  • 会場
    會津八一記念博物館
    2F 常設展示室
  • 時間
    10:00~17:00(入場は16:30まで)
  • 閉館日
    日曜・祝日
  • 入館料
    無料

概要

會津八一コレクション、服部和彦コレクションを中心とする館蔵品から、チベット仏教美術のサッチャ(またはツァツァ)とよばれる土製の仏像と小金銅仏を展示します。これらのコレクションには、釈迦如来や文殊菩薩、十一面観音のように日本でもよく知られている仏菩薩の他に、宝冠を戴く菩薩形の無量寿仏(阿弥陀仏)、仏頂尊勝母やターラー菩薩という女尊、恐ろしく奇怪な姿をした忿怒尊・守護尊や男女が抱き合う姿の父母仏(歓喜仏)など、チベット仏教独特の尊像も含まれています。

いずれも清時代から近代にかけてチベットまたは中国内地において制作されたと思われる、小さな作品ばかりですが、チベット仏教圏で人気の高い尊像の種類をいくつかご覧いただくことができるでしょう。また、サッチャは型で同じものが多数造られるため、館蔵品は年代がはっきりしないものが多いのですが、會津コレクション中に一体だけ清朝の康煕帝(在位1661~1722)のために造られたことのわかる納入品が残っていた作品(仏頂尊勝母)があり、貴重な遺品といえます。これら會津コレクションのサッチャは初のお披露目となります。

このささやかな展示によって、日本とは異なる仏教美術の表現と信仰のあり方に触れていただくことができれば幸いです。

展示作品

緑色ターラー菩薩坐像(服部和彦コレクションht-391)

緑色ターラー菩薩坐像(服部和彦コレクションht-391)

出品リスト

Dates
  • 1208

    THU
    2016

    0131

    TUE
    2017

Place

會津八一記念博物館2F 常設展示室

Tags
Posted

Tue, 06 Dec 2016

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる