Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

早大生なら医療費が戻るってホント!? 医療費給付を申請しよう

意外と知られていない早稲田大学オリジナルの医療費給付制度と学生補償制度。利用しないともったいない!

体調不良やケガにより病院で診察・治療を受ける際に支払う医療費は、3割負担(保険診療の場合)といえども、多くの学生にとっては痛い出費。 しかし早大生(※注1)なら、1つの医療機関につき月額1,000円を除いて、1年度あたり60,000円まで戻ってくるのを知っていますか? また、教育研究活動中に不慮の事故でケガをした場合には、学生補償制度も利用できます。今回はそんな「医療費給付」と「学生補償制度(傷害補償)」を詳しく紹介。意外と学生の間で知られていないお得な制度、使わない手はありません!

(※注1)人間科学部通信教育課程学生、委託学生、科目等履修生、日本語教育研究センター所属学生、交流学生および外国人特別研修生は除く

医療保険適用範囲内のものに限られます。自己負担分の内に、医療保険適用範囲外の金額が含まれていた場合には、当該金額が医療費給付金から除かれます。一医療機関につき月額1,000円が自己負担となります

 

医療費給付制度の達人2人に基礎知識を教えてもらいました

早大生が納入している年間3,000円の会費によって、医療費給付などの事業を行っている早稲田大学学生健康増進互助会(学生早健会)。その学生委員会で委員長を務める大原ひなたさん(人間科学部 3年)と、大学入学以来、診療の際は毎回欠かさず申請手続きをしているという水七海さん(政治経済学部 4年)の2人に、医療費給付制度の活用術をレクチャーしてもらいました。

医療費給付制度のことは、早稲田大学に入学が決まってすぐに、母から教えてもらいました。学費と一緒に学生早健会の会費も自動的に納入しているので、特別な手続きをしなくても、会員になっていること。そして、会員なら誰でも医療費給付制度が利用できると、母はママ友から教えてもらったそう。実はその方のお子さんも早大出身なのですが、卒業間近になってこの制度の存在を知り、もっと早く知っていれば…と非常に残念がっていたらしいです。その頃、私は大学受験のストレスの名残でニキビがひどく、皮膚科でのビタミン剤やクリームなどの処方に月4,000円ほど掛かっていたので、早速申請したところ、1,000円の自己負担分を引いた約3,000円が翌月に振り込まれていました。早稲田ってなんて学生思いなんだ! と感激したのを覚えています。


大原

水さんのように、入学した時からこの制度を知っているのは少数派で、意外と知らない人が多いんです。皮膚科といえば、マスク着用が当たり前になって、皮膚トラブルが起きやすくなっているので、そういう場合にも、ぜひ利用してほしいです。医療費給付制度について補足すると、学生早健会では、会員の皆さんが日本国内の医療機関で支払った医療費の自己負担分(保険診療の3割負担分)の一部を、請求に基づき年度給付限度額60,000円の範囲内で給付しています。給付金額は、一つの医療機関につき、月額1,000円を自己負担とした残りの金額になります。そして、ここは声を大にして言いたいのですが、学生早健会は、各学部・各大学院の正規生(ダブルディグリーを含む)、各大学院の研究生の皆さん全てが会員です(※注1)。学生証がそのまま学生早健会の会員証となっています。

私の周りもこの制度を活用している学生はあまりいません。本当にもったいないですよね。医療費給付というと、ケガや風邪などの病気を想像しますが、保険診療のものなら基本全て適用されるので、いろんな場面で活用できます。私が非常に助かっているのは歯科の診療代。高額な負担になることも多い虫歯の治療も、保険診療であれば給付の対象になるのはもちろん、定期的に保険診療の範囲内での検診やクリーニングもしてもらっているので、健康な歯を保っています。先日は検診と一緒に、虫歯になりかけの歯も治療してもらい約6,000円を支払いましたが。申請することで5,000円が戻るので、実質1,000円で済みました。学生にとってはありがたい限りです。「申請」と聞くと、手続きが煩雑そうと感じるかもしれませんが、すごく簡単ですよ。

大原

まず、学内の保健センターやキャンパス周辺にある、契約病院(医科・歯科)や契約薬局(※注2)なら、受付で学生証を提示すれば医療費給付を受けることができるので、この方法が一番簡単です。契約医療機関の受付窓口には「早稲田大学学生健康増進互助会契約医療機関」と書かれた緑のプレートが設置されています。これを見たら学生証を必ず提示しましょう。また、契約機関でなくても、日本国内の医療機関で医療保険適用範囲内であれば、医療費給付の対象となる(海外で受診した場合は全て対象外)ので、近所のかかりつけの病院でも問題ありません。その場合には、領収書(コピー可)と学生証を持って毎月10日の締め切り日までに学生生活課の窓口に持参し、窓口に用意されている「医療費給付申請書」と共に提出してください。

(※注2)医科医院(8医院)、歯科医院(14医院)および薬局(3局)と協定契約を締結しています。契約病院(医科・歯科)および契約薬局一覧はこちら

学生生活課窓口に用意されている「医療費給付申請書」

大原

郵送での申請も可能ですよ。学生生活課のWebサイトから申請書式をダウンロードし(※注3)、領収書(コピー可)と共に必要書類をまとめて締め切り日までに到着するよう郵送してください(※注4)。どちらの場合も、給付を受けるにはMyWasedaで「本人名義口座」の登録が必要です。例えば、8月に受診したものでしたら、9月10日までに申請すれば、登録された「本人名義口座」に10月中旬に振り込まれます。

(※注3)申請様式のダウンロードはこちら
(※注4)郵送申請時の注意事項はこちら

申請の提出期限が診療月の翌月から3カ月目の10日になるので、3カ月に一度、月初めに学生生活課の窓口で、漏れがないようまとめて申請するのが私のルーティン。でも、一度だけ失敗したことがあります。大学2年の時、熱中症で救急搬送されて日帰り入院をし、1万4,000円くらいかかったので、自費なんだと思い込んでいましたが、あとで調べたら保険診療で…。申請すればよかったと後悔するとともに、医療費給付は学生の日常で起こりうるケガや病気を、広範囲でカバーしてくれるんだなと心強く感じました。その他、花粉症のアレルギー検査や、食物アレルギー検査も、自費かと思いきや保険診療で、給付してもらったこともあります。

大原

「実は給付されるもの」といえば、昨年からコンタクトレンズの購入および継続利用に関連した診療が給付の対象に加わりました(※注5)。また、健康診断や予防接種は保険診療ではないので、給付の対象外となります。自費で受けたPCR検査も同様に給付の対象外です。一部の契約医院で受診した健康診断のみ、別途「健康診断補助費(3,000円)」を給付しています。詳しくは学生生活課Webサイトで確認してください。

(※注5)コンタクトレンズの購入費自体は対象外です

今4年生ですが、こうやっていろいろ思い出しても、学生早健会のこの制度の支えがあって、健やかな学生生活が送れたのだなあと感じます。新歓で新入生から「何か知っておいた方がいいことはありますか?」と聞かれると、必ずこの制度のことをお伝えするくらい、早大生に知ってほしい情報です。多くの学生が殺到して学生早健会の財政面が大変になったとしても(笑)、早大生の健康を守るためにこの制度はずっと続けてほしいです。

※参考:医療費給付についてよくある質問はこちら

学生早健委員会では随時新規委員を募集しています

委員長の大原ひなたさん

学生早健委員会では、新規委員になってくれる学生を随時募集しています。会員(学生)が健康的な生活を送れるようなイベントを企画していますが、活動は月1回の総会と年数回のイベント運営のみになりますので、サークルとの両立も可能。2020年度は実施できませんでしたが、例年だと夏休み中の合宿など楽しいイベントもたくさん行っています。2年生以上の方も大歓迎です!

Twitter:@soukenkai_wsd
Email:[email protected]

窓口対応歴3年! 学生生活課学生スタッフが申請手続きの注意点を教えます

学生スタッフの川澄優介さん(政治経済学部 4年)

1年生からSJC学生スタッフとして医療費申請の窓口業務に携わってきていますが、意外と多いのが、1,000円以下の医療費を申請しようとする学生です。1,000円を超えないと申請できないので、まずはその月の同一医療機関の医療費のご確認を。提出期限の毎月10日(事務所閉室の場合は翌平日)、特に3限終わりの14時半以降は窓口が混み合います。また、現在の開室時間は月~金曜日の10~16時に短縮されています。開室時間などはWebサイトにて事前に確認してください。なお、郵送の場合は提出期限までに事務所に到着しなかったものは受理されませんので、余裕を持って提出してください。最後にちょっとした裏技ですが、1カ月に複数の医療機関で診察したとしても、処方してもらう薬局は1箇所にまとめると自己負担金の節約になります。分からないことがあればぜひ窓口までお越しください。ほぼ毎週火曜日は、私が学生会館の学生生活課窓口にいます(笑)。

教育研究活動中に事故にあった場合は、学生補償制度(傷害補償)を利用しよう

学生補償制度(傷害補償)(以下、学傷補)は、学生が教育研究活動中(※)に、不慮の事故により負傷、後遺障害、あるいは死亡といった災害を被った場合に、治療費などの経済的負担を軽減することを目的として設けられた本学独自の制度です。補償金額は査定会社による審査を踏まえ、大学が最終的に決定します。なお、大学の教育研究活動中に被った身体の傷害が補償対象になり、病気は対象にはなりませんので注意してください。

(※)教育研究活動中とは、「正課中」「学校行事中」「学校施設内にいる間」「課外活動中(公認団体のみ)」「通学中」「施設間移動中」。

実験中の負傷なども対象に

よくある質問(FAQ) : こんなケースは学傷補の対象になる?

【ケース1】学生会館などの大学構内でのサークル活動中のケガ

所属が公認サークルであれば、学傷補の対象になります。学内での課外活動については、公認サークルの管理下で活動を行っている間(大学が禁じた時間や行為は除く)が補償対象です。

公認サークル所属の場合、活動中のケガは学傷補の対象となる。写真は公認サークル「理工アメリカンフットボール部バッカス」

【ケース2】体育各部で大会に出場した際のケガ

学傷補の補償対象です。ただし、競技スポーツセンターを通じて加入しているスポーツ安全保険との兼ね合いで入院分のみが対象となります。通院分についてはスポーツ安全保険での補償となります。

【ケース3】学校施設内での正課中(例:実験・体育科目)のケガ

学傷補の補償対象です。

【ケース4】通学中の交通事故によるケガ

大学の授業のほか、学校行事、課外活動への参加などの目的を持った通学も補償対象です。ただし、治療日数の合計が4日以上の場合のみ対象となります。

【ケース5】学校施設内の施設間移動中のケガ

学傷補の補償対象です。ただし、治療日数の合計が4日以上の場合のみ対象となります。

【ケース6】学外宿泊施設でのゼミ・サークル合宿中のケガ、学外でのサークル活動中のケガ

セミナーハウスでのケガも学傷補の対象。写真は軽井沢セミナーハウス

学傷補の補償対象です。ゼミ合宿の場合には「学校施設外活動届」、サークル活動の場合には「合宿・遠征届」の事前提出が必要です。届けがない場合には補償対象外となります。

*「合宿・遠征届」は、距離や宿泊の有無にかかわらず、サークルが学外で活動する際には、必ず事前に提出する必要があります。活動開始日の7日前(土・日・祝日・一斉休業を除く/事務所閉室日の場合は閉室日の前日)までに、学生生活課に提出してください(締め切り厳守)
*学傷補の対象は公認サークルに限ります

 

注意事項
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会情勢などに応じて課外活動を制限・禁止する可能性があります。課外活動や学生会館、セミナーハウスなどの最新情報については、学生生活課Webサイトで確認してください。

医療費給付と学生補償制度の併用も可能。それぞれの提出期限に気を付けて

【提出期限】
医療費給付 : 診療月の翌月から3カ月目の10日まで
(例:2021年6月にかかった医療費:2021年9月10日まで)

2021年度「申請書」提出期限早見表はこちら

学生補償制度 : 原則として、事故発生日から30日以内(※)
(例:2021年9月1日にケガをした場合:2021年9月30日まで)

(※)学生補償制度については、やむを得ない場合には30日を過ぎても「事故通知遅延理由書」を提出することで受け付けられます。

*医療費給付については、学生早健会が協定契約を締結している、キャンパス周辺の医科医院(8医院)、歯科医院(14医院)および薬局(3局)を受診する場合、毎回「学生証」と「保険証」を持参して提示してください(大学の窓口で申請手続きを行う必要はありません)。

◆申請窓口や提出書類など、詳細は各制度Webサイトへ
医療費給付
学生補償制度(傷害補償)

2021年度の各種申請について

◆医療費給付
学生生活課事務所(戸山キャンパス 学生会館1階)は現在、月~金曜日、10~16時に短縮して開室していますので注意してください。

診療月 提出期限(郵送の場合には必着)
2021年4・5・6月 2021年7月12日(月)必着
2021年5・6・7月 2021年8月17日(火)必着
2021年7・8・9月 2021年9月10日(金)必着

変更等が生じた場合は、学生生活課Webサイトに随時掲載していきます。

◆学生補償制度
学生補償制度(傷害補償)の事故通知等の提出や、学生補償制度(傷害補償、賠償責任補償)の登録証明書発行は、学生生活課の窓口開室時間内に余裕を持ってお越しください。

※掲載情報は、2021年7月5日時点のものです。

【次回フォーカス予告】7月12日(月)公開「VIVASEDA特集」

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる