Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

早大生限定! コロナ禍でも使える便利な学内サービスを活用しよう

皆さんは、早大生だからこそ受けられるサービスをいくつ知っていますか? 今回は、数あるお得なサービスのうち、図書館お取り寄せサービスと就活情報リソースの提供の2つを、職員がご紹介。早稲田大学に在籍していることを生かして、より豊かな学生生活にしていきましょう。

効率よく資料を入手! 今だから使ってほしい図書館サービス

図書館利用者支援課 職員

早稲田大学図書館が持つ豊富な資料。キャンパスを訪れる機会が減った分、紙資料ではなく電子資料(電子ブックや電子ジャーナル)を利用する機会が増えたのではないでしょうか。一方で、「図書館機能も回復してきて、せっかく行ったのに、中央図書館にはなかった」とか、「WINEで検索したけど、紙でも電子でも早稲田にはなさそう…」という経験をされている方もいるのでは?

そんなときは、「Interlibrary Loan(ILL)」をご利用ください。これは、利用する図書館に所蔵がない資料を他の図書館から取り寄せるサービスです。例えば中央図書館にない図書を所沢図書館から取り寄せたり、早稲田大学にない資料の複写物を慶應義塾大学から取り寄せたりすることができます。ちなみに、学外からの取り寄せ費用の一部を大学が負担していることは、ぜひ押さえてほしい点です。詳細は図書館Webサイトを確認してください。

また、早稲田大学図書館では、コロナ禍でさまざまな状況下にある利用者に対応するため、新たに「図書館資料郵送サービス」をスタートしました(こちらは自己負担です)。

ILL(写真左)と図書館資料郵送サービス(写真右)は各Webサイトから利用申請ができます

これらのサービスをうまく利用して、必要な資料を効率よく入手してください。まだまだ先の見通しがつかない不安な状況が続いていますが、図書館は引き続き皆さんの学習、研究をサポートしていきます。利用方法や資料の検索などで困ったことがありましたら、お気軽に相談してください。
よくある質問
◆図書館へのお問い合わせはこちらから

コロナ禍で役立つ 早大生のための就活情報リソース「企業・求人情報照会」

キャリアセンター 職員


就活中の方や、これから就活について考えたい皆さんの中には、コロナ禍で大学の授業もオンライン中心となり、就職活動への影響も懸念され、大きな不安を抱えている方も多いかと思います。実際、2021年3月に卒業する、皆さんの先輩の就活は「選考方法」と「採用状況」に大きな変化があり、今後も変わり続けることが予想されます。この変化に順応するためには、企業の動向をしっかりキャッチするよう情報収集することがより大切です。そこで今回は、キャリアセンターの便利な就活情報リソース「企業・求人情報照会」を紹介します。

早稲田大学にはさまざまな企業から日々求人票や卒業生名簿が届き、求人票は1年間に約25,000件、卒業生名簿は約850件にのぼります。そのほとんどはMyWasedaのキャリアコンパスでチェックできます。

【使い方】

STEP1 MyWasedaへログイン後、①「学生生活」→②「キャリアコンパス」へ。

STEP2 キャリアコンパス内①「求人票・企業検索」→②「求人票・企業を探す」をクリック。③自分の興味のある検索ワード・条件などを設定し、④「検索」をクリック。

STEP3 条件が合う企業が表示されるので、興味のある企業の「詳細を見る」をクリック。




キャリアセンターが企業面談時に入手した「応対情報」の閲覧や、「外国人留学生採用」「ポスドク採用」「障がい者採用」などの条件検索も可能なので、目的に合わせて詳細検索機能を活用しましょう。なお、卒業生名簿は一部キャリアセンターでのみ閲覧可能なものもあります。お気軽にキャリアセンターに相談してください。

◆キャリアセンターへのお問い合わせはこちらから

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる