Waseda Weekly早稲田ウィークリー

コラム

「早慶戦」復活と六大学野球の始まり

安部磯雄部長と飛田忠順監督

大学史資料センター常勤嘱託 田中 智子(たなか・さとこ)

前回の「早稲田に歴史あり」に書かれている通り、1903(明治36)年に始まった「早慶戦」は、応援の過熱等により1906年に中止された。その後何度となく仲裁が行われたものの、復活までに二十年近くの月日を要した。1919(大正8)年より野球部の専任監督を務めていた飛田忠順(穂洲)の回想によると、「特にその復活を熱望した東京記者倶楽部は、(中略)数回に亘って慶應に対し復活交渉に当たり、説得これ努めたけれども」応じなかったようである。また1917年に極東大会が開催された際、当時の体育協会会長であった嘉納治五郎が、慶應野球部の予選参加と「早慶戦」復活の交渉をした際も断られたそうだ(飛田穂洲『球道半世紀』206頁)。そのような膠着(こうちゃく)状態からようやく脱出したのは、東京六大学野球連盟が結成された1925年のことであった。

東京六大学野球連盟の原型となったのは、1914(大正3)年に明治大学の提唱で結成された早・慶・明の三大学連盟である。これに1917年に法政が、1923年に立教が加入したことによって五大学野球連盟となった。しかし、三大学連盟の時代から早稲田と慶應が直接対決することはなく、リーグ戦で変則的な組み合わせをとらざるを得なかったことが度々問題視されていた。前掲『球道半世紀』によると、1924年春の五大学リーグ会議において、組み合わせの不便さから明治・法政より早慶戦の復活の要望が出された。これに対して飛田は「それは慶応にきひて貰いたい。早稲田が早慶戦の復活を熱望してゐることは周知の事実であり、いま改めていふまでもない」と答え、慶應の回答を促した(211頁)。慶應の代表もこれに同意したものの慶應内部での話がまとまらず、結局翌年に持ち越しとなった。しかし翌25年春になっても事態が打開しなかったため、明治ら三大学から最後の手段として、一旦(いったん)リーグを解散して慶應以外の四大学で新リーグを結成する案が出されてしまった。ここにおいてようやく慶應側も折れ、「早慶戦」復活を了承するに至ったのである。

「安部磯雄日記」1925年(早稲田大学大学史資料センター所蔵)

「早慶戦」復活の挨拶(あいさつ)が正式に行われたのは、1925(大正14)年6月のことである。野球部の初代部長であり当時も部長を務めていた安部磯雄の日記によると、19日に慶應の代表が来校し、この年秋から「早慶戦」を行うことを申し入れている。そして翌20日に早稲田の代表として安部が慶應の部長を訪ねて挨拶している。この時の様子について安部は、『早稲田大学新聞』のインタビューに答えて、「大いに模範的にやらうと挨拶したゞけである。しかしこれは運動界の為め誠に慶賀すべきことであると思ふ」と語っている(『早稲田大学新聞』第69号、1925年6月25日)。

こうして「早慶戦」は1925年秋に復活することとなり、またこの時から東京大学が正式加盟してリーグ名も東京六大学野球連盟となった。「早慶戦」復活に際して『早稲田大学新聞』は「早慶野球戦復活号」として号外を発行し、その復活を祝している。その中で安部は「早慶戦」中止の原因が応援における態度であったことにふれ、次のように述べている。

私は早大学生諸君が早慶仕合(原文ママ)の永続のために慎重なる態度を取らんことを切望する。(中略)私共は幸にして試合に勝つとしても、若し私共の態度が劣等であれば、実に名誉の大半は失はれることになる。之に反して早大学生の態度が堂々たるものであるならば、よし試合に負けても何の悔ゆる所はない。選手は技術に於て、観覧者諸君は其態度に於て、共に早大の名誉のために大に努力する所がなくてはならぬ。
(『早稲田大学新聞』号外、1925年10月17日)

安部はその後東京六大学野球連盟会長に就任し、飛田もまた同連盟の理事を務めている。両名の早稲田大学野球部および学生野球界への功績を称(たた)えて、早稲田キャンパスの安部球場跡地(現・中央図書館)横、および東伏見キャンパスにある硬式野球場の横には安部と飛田の胸像が並び立っている。「早慶戦」および六大学野球は、両名の尽力によって(再)出発し、第二次大世界戦中の中断はあったものの今日まで続いている。

安部磯雄胸像(右)・飛田忠順胸像(左)、東伏見キャンパス内

初期の早慶野球戦

参考URL(早稲田人名データベース)

安部磯雄
飛田忠順

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる