Scholarship早稲田大学 奨学課

Applying for Scholarships and Loans

奨学金の申請・各種ローン

Emergency aid

緊急時の制度

家計急変等の緊急時には、以下の制度に採用される可能性があります。いずれの場合も詳しい状況をお聞きする必要がありますので、まずは奨学課まで直接ご相談ください。

貸与

日本学生支援機構奨学金(緊急・応急採用)

主たる家計支持者の失職・廃業・死亡または、自然災害や火災等の罹災のために家計状況が急変し、緊急に奨学金貸与の必要になった人で次の条件を全て満たす場合、審査のうえ日本学生支援機構奨学生に採用される場合があります。

  1. 家計急変の事由が1年以内に発生したもの
  2. 標準修業年限内で卒業できること

奨学金の内容

第一種奨学金(緊急採用)・第二種奨学金(応急採用)

手続方法

奨学金登録をしている場合、家計急変を証明する書類を奨学課に提出して日本学生支援機構の審査を受けます。奨学金登録をしていない場合は、通常の登録と同様に各登録書類を揃えて(家計急変を証明する書類を含む)、奨学課に提出して日本学生支援機構の審査を受けます。

いずれの場合も各個人により必要書類が異なりますので、戸山キャンパス学生会館1階の奨学課事務所でお早めに相談してください。(申請には、学生本人による、対面でのご相談が必要です)

学生応急貸付制度

緊急帰省、急病、その他不測の事態(盗難等)により当座の出費に緊迫した場合に限り、3万円を上限として、事情を審査したうえで貸し付けます。主に自宅外通学者(下宿生)に適用します。

審査のうえ、貸し付けない例(事前に予測できる事由には適用されません。)

  1. 生活費が不足
  2. 科目登録の費用が足りない

給付

早稲田大学緊急奨学金

主たる家計支持者の失職、死亡または火災風水害等による家計急変が1年以内に発生した場合、早稲田大学緊急奨学金に出願することができます。(最短修業年限で卒業できない場合は出願資格がありません)詳しくは別途所属する学部・研究科にて、募集に先立って掲示を行います。毎年夏期(7月)と冬季(12月)に募集があります。

※日本人学生(永住者、特別永住者、定住者、日本人の配偶者・子を含む)の出願資格は、日本学生支援機構奨学金を推薦・受給中もしくは上記の緊急・応急採用に出願している人に限られます。

勉学援助制度

勉学援助制度とは、大学生協(全国大学生活協同組合連合会会員生協)の組合員の学部生、大学院生で、在学中に扶養者(主たる家計支持者)が死亡したため、学業を続けるうえで、経済的にいちじるしく困っている学生を援助する制度です。援助金は10万円で一括給付され、返済の必要はありません(同一家族からの応募は1名限り)。

詳細は、早稲田大学生協「お問い合わせ」よりメール、または電話:03-3207-8613(直通)、勉学援助制度推進委員会事務局:0120-335770(フリーダイヤル)までご相談ください。

ただし、次の場合は応募できません。

  1. 学生総合共済の「扶養者事故死亡特約共済金」による給付を受けることができる場合。
  2. 外国からの留学生のうち、国費による留学生。
  3. 扶養者が亡くなってから6ヶ月以内に応募しなかった場合。
  4. 応募時点で学籍がない場合。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/scholarship/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる