Intercultural Communication Center (ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

その他

参加者レポート:気楽に日本語をしゃべり、友達をつくる機会「ICCにほんごペラペラクラブ」

教育学研究科1年 WU

今学期、2021年6月の「にほんごペラペラクラブ」に参加させていただき、本当によかったです。 

参加のきっかけとしては、「わせだ日本語サポート」のスタッフさんが丁寧に教えてくださったことです。正直に言えば、私は自分の日本語に自信がないので、4月に入学したばかりの頃、とても悩んでいました。そこで、授業時間以外に、日本語でしゃべる機会があれば少しでも日本語能力を高められるのではないかと思い、ICCの6月イベントと日本語教育研究センターの「わせだ日本語サポート」に参加することにしました。 

「にほんごペラペラクラブ」では、グループ分けが3人か4人かでされており、とても話しやすい雰囲気がありました。それに、ゲームも用意してくださり、内気な性格の私のような人でも気楽に話を進めていくことができました。一番印象に残ったゲームは物当てゲームです。20問まで質問を聞くことができ、さらにどのように効率的に聞くのか、どの方向性で聞くのかグループ内で非常に盛り上がって、今振り返っても面白かったです。また、若者ことばについて、普段の日常生活ではあまり日本人の同世代と話す機会がなく、「wwww」「大草原」しか知りませんでした。その他にも、いろいろ勉強させていただきました。加えて、オノマトペに関する知っている表現はいくつかありますが、資料もいただき、使用頻度の高い表現は今後の生活では使ってみたいです。最後の回の自由トークについては、残り時間が少なかったので、盛り上がっているところなのに退室しなければならず残念でした。  

「にほんごペラペラクラブ」について考えている方に、一言でまとめると、オンラインで1コマの時間に限られますが、気楽に日本語でしゃべれる機会ですし、同世代の日本人と友達になれ、みんな親切で優しいので、早く積極的に申し込んだ方がいいと思います。 

にほんごペラペラクラブのみなさん (image by ICC)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる