Intercultural Communication Center(ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

【応募締切: 10/16】ICCクッキング・パーティー:余った食材で「もったいない」を楽しく解決!(10/24)

ポスター

買いすぎちゃったけど、自分ひとりじゃ使いきれない。
気づけばもうすぐ賞味期限!

食材を前にして、そんな「もったいない」気持ちになったこと、ありませんか?

日本で食べられるのに捨てられている食材、いわゆる食品ロス量は年間643万トン。
国民一人当たり、おおよそご飯茶碗1杯分を毎日捨てていることになります。そのうち291万トンは一般家庭から出ているそうです。

毎年10月16日は国連が制定した「世界食料デー」。それに合わせて日本では10月を「世界食料デー」月間としています。
世界の食料問題などについて考え、解決に向けて行動しようという1カ月です。

そこでICCでは、今話題の「サルベージ・パーティ」を開催します!
参加者同士が余った食材を持ち寄りみんなで調理することで、気軽に食品ロスを削減するアクションです。

「こんな料理にすれば無駄なく食べられたんだ!」
「みんなで料理するって楽しい!」
みんなでレシピを考え、料理をして、食べて…楽しみながら食品ロスを考えるきっかけにしてみませんか?

料理が苦手でも心配ありません。プロのシェフのアドバイスとサポートのもと、グループで助け合いながら調理をします。食べることが好きな人、食品ロス問題に関心のある人、料理をしながら新しい友達を作りたい人、皆さんぜひご参加ください。

講師プロフィール

高田大雅(たかた たいが)氏

公認サルベージシェフ。ケータリング企業Foodist Link株式会社代表。
地方の郷土料理や世界各国の料理をアレンジし、オリジナルのメニューを考案。日本各地のサルベージ・パーティで活動しており、ケータリングでは大使館や企業への提供を行う。トマトソースに醤油を加えたり、ミートソースに味噌を加えたりと、和洋折衷の料理が得意。

日時

2019年10月24日(木)16:45~19:45 (受付開始 16:30)

場所

文京福祉センター江戸川橋  現地集合・現地解散
*早稲田キャンパスより徒歩20分、有楽町線江戸川橋駅から徒歩5分
MAP

対象

早大生

言語

日英

持ち物

エプロン、三角巾、ふきん2枚、自宅で持て余している食材1品(冷蔵庫に残っている食材、使いきれなかった食材、使い方が分からず置きっぱなしの食材など)

(※下の注意事項をご覧ください)

参加費

無料。現地までの交通費は自己負担。

応募方法

MyWasedaから(ここをクリック!)

登録締切

10月16日(水)9:00am

定員

32名 (申込者多数の場合は抽選を行います。結果は締切日当日にメールでお知らせします)

協力

一般社団法人フードサルベージ
Foodist Link株式会社

プログラム

1. レクチャー
2. クッキングタイム
3. 試食交流タイム

注意事項

持参できない食材
1.  消費期限、賞味期限の過ぎているもの
2.  個人が手作りした食品
3.開封済みの加工品
4.保存方法が適切でない食品
5.基本的な調味料(塩、砂糖、醤油など)
6. 今回のためにわざわざ購入したもの

★応募時の注意★

結果発表後のキャンセルは原則として認めていませんので、自分のスケジュールをよく確認してから申請してください。
キャンセルポリシー

お問い合わせ

TEL: 03-5286-3990
E-mail: [email protected]

Dates
  • 1024

    THU
    2019

Place

文京福祉センター江戸川橋

Tags
Posted

Wed, 11 Sep 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる