Intercultural Communication Center(ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

伝統演芸 『浪曲』の英語パフォーマンス ~日本版「ひとりオペラ」をライブで体感しよう!~(10/3)

ポスター

今から15年ほど前に大人気だった伝説のテレビ番組『進ぬ!電波少年』で一世を風靡した、東大卒家庭教師ケイコ先生こと春野恵子氏が、日本の伝統演芸『浪曲』を披露しに早稲田大学にやってきます!

『浪曲』とは、明治時代初期に始まる日本を代表する大衆演芸のひとつで、声を出して演じる「浪曲師」と、三味線伴奏を担当する「曲師」によって構成され、メロディになる「節(ふし)」を駆使して物語っていく様子は、まるで「ひとりオペラ」!
譜面がなく浪曲師と曲師が舞台で繰り広げるやりとりは、「ジャズのセッションのよう」とも言われ、そのライブ感が浪曲の魅力です。そのような日本の伝統芸能を、今回は英語でお送りします!

春野氏は浪曲公演、テレビ・ラジオ、舞台、音楽ライブのほか、得意の語学力を生かし、ニューヨークをはじめ世界11都市での海外公演もされています。
演芸界では前例のないクラウドファンディングによるニューヨーク公演は新しい試みとして注目を集めました。

今回のICCイベントで披露していただく英語浪曲は、歌舞伎でも上演されている、日本の悲恋物語として有名な『番町皿屋敷』の物語です。

日本が誇るエンターテインメントに触れる貴重な機会をお見逃しなく!

日時

2017年10月3日(火)18:15~19:45(開場18:00)

会場

大隈ガーデンハウス(25号館)1階

対 象

早大生・教職員・一般

言 語

日本語・英語

参加費

無料。

定 員

80名

事前登録

不要

◆ゲスト:春野恵子◆

東京都出身。東京大学卒業後、『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)の企画「電波少年的東大一直線」において家庭教師・ケイコ先生としてデビュー。
その後、タレント・俳優として活躍。2003年、二代目春野百合子に惚れこみ弟子入り、2006年に初舞台。以降、関西を中心に全国各地で年間約200回の浪曲公演をこなしながら、テレビやラジオ、舞台演劇、音楽ライブなどにも出演。
2014年~2017年、世界11都市で海外公演を行っている。

お問い合わせ

TEL: 03-5286-3990   E-mail: japanese-festa@list.waseda.jp

Dates
  • 1003

    TUE
    2017

Place

大隈ガーデンハウス(25号館)1階

Tags
Posted

Tue, 29 Aug 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる