Office for Students with Disabilities早稲田大学 障がい学生支援室

About the Office

支援室について

History

支援室の歴史

障がい学生支援室の歴史

~1998年

各学部・研究科が個別に障がい学生支援を行う

箇所毎の支援の違いや人的・予算的負担について次第に課題となる

 

1999年

「障害学生・生徒の支援に関する要綱」施行

学生所属箇所・教務部・学生部が共同で支援を行う体制を構築

 

2006年

障がい学生支援室 設置(早稲田キャンパス7号館)

専門スタッフが常駐し、よりきめ細かい専門的な支援体制を実現

 

2013年

日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)の連携大学となる

 

2014年

発達障がい学生支援部門 開設(早稲田キャンパス25号館)

身体障がい学生支援部門と発達障がい学生支援部門の2部門体制になる

身体障がい学生支援部門 事務所移転(早稲田キャンパス7号館→3号館)

 

2015年

FD/SDセミナー ~遠隔情報保障のこれからを考える~ 開催

(主催:日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)・筑波技術大学

共催:早稲田大学 障がい学生支援室)

 

2016年

「早稲田大学障がい学生支援に関する基本方針」施行

一般社団法人 全国高等教育障害学生支援協議会(AHEAD JAPAN)に入会

第12回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム 聴覚障害学生支援に関する

実践事例コンテストにて「グッドプラクティス賞」を受賞

 

2017年

スチューデントダイバーシティセンター障がい学生支援室に組織改編

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/dsso/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる