Career Center早稲田大学 キャリアセンター

For Current Students

在学生の方へ

Disabled

障がいのある方

キャリアセンターによる支援

【就職活動準備】

就職活動の準備は、キャリアセンターの『就職活動ガイドブック』や 就活スタート講座、各種セミナー等のイベント、Course [email protected]【キャリア・就職支援講座】のコンテンツ「障がい学生対象就職ガイダンス」、個別相談等を利用して進めてください。

なお、個別相談において障がいに伴う特別な配慮をご希望の場合は、事前にcareer-appt#list.waseda.jp(#を@に変えて送信してください) 宛に希望日時等をご連絡ください。

【情報収集】

キャリアセンターの資料コーナーには、「障害のある学生への求人・インターンシップ情報」ファイル「就労移行支援事業所等情報」ファイル、就職情報誌や学外の企業説明会等の案内を備えています。

また、企業よりキャリアセンターに直接寄せられた求人・セミナー・インターンシップ情報を MyWaseda→学生生活→キャリア関連資料→障がいのある学生の方向け情報>障がい学生向け求人・インターンシップ情報において公開しています。早稲田大学生限定インターン等の案内も載せていますので随時確認をしてみてください。

センター前には専用の掲示板や資料配布コーナーも常設しています。その他、キャリアセンターの支援全般については当サイトに掲載しています。

【求人情報の検索】

MyWaseda→学生生活→キャリアコンパス→[企業・求人情報照会]メニューから 求人情報を検索することができます。求人内容に障がい者の雇用について記載されているものについては、「求人票・企業検索」の「検索」>「条件変更/詳細検索」>「対象」で「障がいのある方」で検索することができます。ただ、記載がなくても選考に参加できる場合は少なくありませんので、積極的に問い合わせてみましょう。

雇用制度のあらまし

わが国における障がいのある人の雇用促進のための最初の施策は、1960年に制定された「身体障害者雇用促進法」でした。その後、同法の対象が知的障害や精神障害(発達障害を含む)に拡大され、雇用の促進だけではなく、雇用の安定や職業リハビリテーション対策の推進などが進められ、その名称も「障害者の雇用の促進等に関する法律」に改められています。法定雇用率は、民間企業が2.2%(2021年3月までに2.3%)、国・地方公共団体・特殊法人などは2.5%(2021年3月までに2.6%)、都道府県等の教育委員会は2.4%(2021年3月までに2.5%)となっています。また、「障がい者への差別禁止」「障がいへの合理的配慮の義務化」が定められています。

活動前の準備と心構え

障がい者雇用の促進のための制度は順次整備され、雇用される障がい者数は年々増加していますが、まだまだ満足のできるものとは言えない面もあります。 しかし、法定雇用率に満たない事業主に対する徴収金制度があり、企業側もより積極的に雇用促進に取り組むようになってきています。 法定雇用率を満たしていない企業は多く、本学出身者に対する期待は高いと言えるでしょう。企業だけでなく、毎年障がい者枠を設けて募集を行う自治体も多くあります。

もちろん、障がい者であっても採用選考試験を抜きにして採用されることはありません。障がいの有無にかかわらず準備は十分にしておく必要があります。しかし障がいがあるからといって遠慮したりせず、どんな仕事がしたいのか堂々とアピールし、そのうえで、自分にできること・できないこと、どんな配慮やサポートが必要なのかもきちんと伝えてください。

なお、障がいのあることをオープンにして就職活動するか否か迷う場合もあると思います。障がい者として活動すれば、入社しやすくなる場合もある一方、障がい者枠を持たない企業には入社しにくくなる場合もあるでしょう。ただ、障がいをオープンにしない場合、入社後実際に仕事をするにあたって、残業が多くて体力的にきつかったり、通院したくても言い出せないといったことも起こりえます。そうしたメリットとデメリットを、各自十分吟味して判断するようにしてください。

また、障がいについて内定をいただいた後に初めて伝えることは避けるようにしましょう。採用側の対応が難しく、結果的に採用に至らない可能性もあります。

障がい者雇用の特徴

  • 得意な部分を活かした仕事ができる
  • 通院、服薬のタイミングを考慮してもらえる
  • 求人の選択肢は狭くなることがある
  • 残業が少ない
  • 転勤は少ない
  • 社内に指導担当者がいることがある
  • 担当部署は固定される場合が多い
  • 給料は安く設定されることがある

「障害者手帳」の交付

障がい者枠の求人に応募する場合には、その旨の認証を受け、「障害者手帳」を申請する必要があります。「障害者手帳」には、「身体障害者手帳」、「療育手帳(自治体により名称が異なることがある)」、「精神障害者保健福祉手帳」の3種類があります。お住まいの区市町村の担当部署(福祉事務所、福祉センター等)に申請してください。

発達障がいのある方の就職

発達障がいのある方にとって、就職活動は大変高いハードルと感じることと思います。発達障がいの診断を受け「精神障害者保健福祉手帳」を取得している方は、障がい者枠の求人に応募することができます。大学では、キャリアセンター、保健センター、障がい学生支援室が連携してサポートしていますので、相談にお越しください。また、ハローワークなどでも、コミュニケーション能力に困難を抱える若者を手帳の有無にかかわらず支援しています。

障がい者の就職・就労を支援する機関

ハローワークをはじめとする公的機関や非営利団体、民間の就職支援会社などが、障がいのある学生の就職を積極的に支援しています。機関によって、利用条件が異なりますので、詳細は各機関にお問い合わせください。
民間の職業紹介会社・就労移行支援事業所などでは、自己分析、求人紹介、面接対策、職業準備訓練などを実施しています。また、障がい者雇用に関する求人を掲載したWEBサイトの公開、企業合同説明会・個別相談会などを実施している企業もあります。

  • 東京新卒応援ハローワーク 「専門援助部門」を持ち、個々の障がいに応じたきめ細かな職業紹介・個別相談・就職面談会などを実施。
  • 地域障害者職業センター 職業相談、職業評価、就業に向けた短期訓練、ジョブコーチの派遣などを行う職業リハビリテーションの専門機関。
  • 障害者就業・生活支援センター 障がい者の身近な地域において、雇用、保健福祉、教育等の関係機関の連携拠点として、就業面及び生活面における一体的な相談支援を実施。
  • 公共職業能力開発校 就職に必要な知識や技能、及び専門的な技術や知識の向上を目指す施設で、公共職業訓練と障がい者の状況に応じた多様な委託訓練がある。
  • 地域若者サポートステーション 愛称「サポステ」では、働くことに悩みを抱えている若者(15~39歳)に対し、専門的な相談、コミュニケーション訓練、就労体験などの就労に向けた支援を実施。
  • ジョブカフェ 若者無業者に対する各種の就職支援をワンストップで行う施設で、ハローワークを併設する場合もある。
  • 東京都福祉保健局
  • 公益財団法人 東京しごと財団
  • 早稲田大学障がい学生支援室(参考) 障がい学生支援室では本学に在籍する障がいのある学生(聴覚障がい、視覚障がい、肢体不自由、発達障がい)を全学的にサポートするため、各学部・研究科との連携のもとに修学上必要な支援を提供しています。身体障がい学生支援部門(早稲田キャンパス3号館1階)と発達障がい学生支援部門(早稲田キャンパス25号館(ガーデンハウス)1階)の2つがあり、各部門に支援コーディネーターが常駐しています。【開室時間 月~金 9:00~17:00】

障がい学生のためのキャリアセミナー

2018年6月2日に、障がい者の就労やキャリア形成に興味のある学生を対象としたキャリアセミナーを実施しました。その様子が早稲田ウィークリーで紹介されています。

また、2021年3月10日に、キャリアセンター・学生相談室・障がい学生支援室共催にて、障がいや体調不安、留年、休学など就活に不安のある方に向けたキャリアイベント『就職に向けて一歩を踏み出すキャリアセミナー ~ヒントを知り、これからを考える~』を実施しました。当日の動画・資料はWaseda Moodle、Support Anywhereにて公開しています。
WasedaMoodle>キャリアセンター提供セミナー>オンデマンドコンテンツ>就活その前に講座、就活スタート講座等

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/career/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる