Career Center早稲田大学 キャリアセンター

News

ニュース

「授業は子どもとともにつくるもの」【卒業生インタビュー】髙木さん(教育学部卒)

教育NPOの活動を通して得た教育に対する
多角的な視点と仲間の存在が今の財産に

Takagi_career2016

出身地・茨城県の公立小学校で教員をしています。教員を志したきっかけは、小学生のときに親の転勤に伴う転校を何度か経験し、親身にサポートしてくれた先生の存在が心の支えになったことです。早稲田では初等教育学を専攻し、ゼミの先生の「授業は子どもとともにつくるもの」という教えを、実践を通して学びました。子どもたちが楽しく学べるかどうかは、教員の創意工夫や力量に左右されることを改めて実感しました。

学業と並行して打ち込んだのが、教育活動を行うNPO団体の活動です。教育イベントの開催や学校ボランティアなどに携わり、ときには責任者としてイベントの企画や運営を担う機会もありました。メンバー内の異なる考えや目標を、一つの企画としてまとめる作業はとても骨が折れましたが、全員の思いをできるだけ汲みとることに努めました。その経験は今、児童一人ひとりの思いや願いを大切にしながらクラスづくりをする姿勢につながっています。

NPO活動で得たもう一つの財産は、教育を学ぶ他大学の学生たちとの絆です。同じ教育でも関心のあるテーマは学生ごとに異なり、意見を交わすなかで多角的に教育を考える視点が培われました。メンバーは現在、学校教員のほかに、行政や企業、ベンチャーなどそれぞれの立場で教育に携わっていて、定期的に集まり刺激を与え合っています。

地元で就職することは初めから考えていたわけではなく、採用試験に向けた準備の過程で自分のこれまでを振り返り、地元で育まれたものの大きさに改めて気づいたことが影響しています。また、東京で多様な人と出会って得た経験を、地元に還元したいという思いもありました。試験前には教員就職指導室に毎日のように通い、いろいろな相談や面接の練習ができたことは本当に心強かったです。振り返ると、学業、NPO活動、スイミングコーチのアルバイトなど、学生時代のあらゆる経験が成長につながり、教員としての今の私の土台になっていると感じます。

進路決定に影響を与えた被災地ボランティア

2年生のときに、別の教育NPOが運営する被災地での放課後学校の活動にボランティアとして参加しました。つらい経験をしながらも夢に向かって懸命に学ぶ子どもたちの姿が深く心に残りました。教育への携わり方はたくさんあるなかで、学校現場で直接子どもたちとかかわる仕事に就きたいという意思を固めるきっかけになりました。

Takagi_career2016_2

自分にない視点を児童に教えられることも

先日、受け持つ5年生の社会科で水産業を学習した際、「どうやって新鮮なまま食卓まで届くのか」に興味を持って調べた子がいました。私自身になかった視点でテーマをとらえる機会になり、子どもたちと授業をつくり上げる醍醐味を実感しました。「子ども理解のプロフェッショナル」を目指して研鑽を重ねたいと思います。


 

髙木 雄太
茨城県筑西市立小栗小学校
2014年教育学部卒業

Pick Up
教員就職指導室は、教員を目指す学生に対してサポートを行う拠点です。「教員就職アドバイザー」が常駐し、教員採用試験の情報を提供するほか、論文指導や面接指導などを実施。現職の校長や教員を招いての「教員就職指導会」も開催しています。

※掲載情報は2015年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/career/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる