Admissions Center早稲田大学 入学センター

水泳の競技力向上の理由を解明するためバイオメカニクスの分野を選択

幼少期から水泳を続けています。理系のクラスにいた高校時代、力学を使って泳力を向上させることはできないかと考えながら練習してタイムが伸び、県大会で優勝することができました。周りの選手より体が小さかったのになぜ優勝できる力が身についたのか、それを解明したくて大学ではバイオメカニクスを学ぼうと、スポーツ科学の分野でトップレベルの研究ができる早稲田に入学しました。授業ではスポーツを物理学から学ぶ「基礎バイオメカニクス」や、人の運動メカニズムを理解する「動作情報解析」を興味深く履修しました。現在は矢内利政先生のバイオメカニクス研究室に所属して、流体力学の面からより速く泳ぐための技術を追究しています。また、大学生になってからはサークル活動としてフィンスイミングを始めています。昨年はチームとして日本選手権で初優勝、世界学生選手権にも出場することができました。日本ではまだマイナースポーツですが、新たに始めたフィンスイミングにやりがいを見つけたことは大きな喜びです。授業や研究で知
識・技術を学ぶことはもちろん、周りの個性豊かな学生からも情報を得られ、自分の視野が広がっていくのを感じられるのは、早稲田の恵まれた環境ならではだと思います。


佐伯 祐亮 Saiki Yusuke

広島市立基町高校出身
スポーツ科学部 スポーツ医科学コース3年

※掲載情報は2017年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる