Admissions Center早稲田大学 入学センター

司法試験を目指すのに好適な環境で高い壁を越えるための取り組みを継続。自分の中の正義感を大切にする法曹に

高校生の時、検察官の方からお話を伺う機会があり法曹という仕事に惹かれました。学部では秋山靖浩先生のゼミに所属し、判例から問題点を見出して討論する中で自分とは異なる意見に触れ、多角的な視野と思考力を身につけることができました。 司法試験に向けた準備を本格化させたのは法務研究科に進学してからです。短答式試験に苦手意識を持っていたため、友人と毎日時間を決めて克服に向けた地道な取り組みを続けました。現役の弁護士や検察官として活躍しておられる実務家教員の方々による授業もあり、事実認定の詰め方などを徹底的に指導していただきました。司法試験に対して高い壁のようなイメージを持っている方も多いと思いますが、少しずつ積み上げていけば決して越えられない壁ではありません。また、法務研究科では興味や関心に応じて学びの幅を広げることができます。例えば、私は子どもの権利やジェンダーに興味があったため、その分野に特化した授業を履修しました。

“最初の5年が肝心”と言われる法律家としてのキャリアを今後どう歩んでいこうか、約1年間にわたる司法修習を通して見極めている最中です。この仕事に憧れを抱いた頃の気持ちを忘れずに、いかなる立場であっても自分の中の正義感を大切にする法曹になりたいと思います。


大橋 いく乃 Ohashi Ikuno

千葉県立千葉東高校出身
第71 期司法修習生
2015 年法学部卒業 2017 年法務研究科修了

※掲載情報は2017年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる