Admissions Center早稲田大学 入学センター

【先輩たちのキャリア選択】
井沢 祐介さん(創造理工学部卒)

  自分の専門性を生かして誰かの役に立つ
それが学生時代からの変わらぬテーマ

izawa1 数学が好きで、将来は経営コンサルタントになりたいという思いに応えてくれたのが、創造理工学部の経営システム工学科でした。情報数理応用研究の後藤正幸教授の研究室でデータ解析を学び、インターネット通販の購買意欲を向上させるシステム作りを研究。自分が購入する商品から他者の類似の選択商品も把握できるシステムは、当時としては画期的なものでした。大学院生の時はタイや中国での国際会議で発表を行い、修士論文が経営情報学会誌に採録されるなど、「自分の研究を公の場に残したい」という思いも達成できました。学会発表や論文執筆を英語で行う際には、ライティング・センターのアカデミックライティングの個別指導や研究室の留学生との日常的な交流が役立ちました。

学生時代に研究の楽しさを知ったことで、社会人になっても専門性を生かした仕事がしたいと思い、それをかなえてくれそうな野村総合研究所に就職しました。現在は、資産運用会社向けシステムのメンテナンスに携わっていますが、常に学び続けることと、それによって得た新しい知識やスキルを相手に分かりやすく伝えることを心がけています。システム開発は一人で行うわけではありません。チームのメンバーや他の関係部門、クライアントなどとのコミュニケーションが大切であり、早稲田でのさまざまな人との交流やアルバイトでの接客経験が活きていると感じます。

一つの分野を究めることで、誰かの役に立つことが私の学生時代からのテーマであり、あえて困難なものに挑戦して、問題解決できた時に喜びを感じるのは今も同じです。将来の夢は、業界の標準となるようなシステムを開発すること。自分の作ったシステムで世界の人に喜んでもらえるようになれば、それほど嬉しいことはないですね。

izawa2


井沢 祐介 Izawa Yusuke

株式会社野村総合研究所 資産運用基盤サービス部 システムエンジニア
山梨県立吉田高校出身
2011 年 創造理工学部 経営システム工学科 卒業

Profile
2013年、創造理工学研究科修了。学生時代の趣味は「食べ歩き」で、友人を誘い年間に訪れる飲食店は200店以上に。現在も同じ趣味を続けることで社外の人々との交流を図り、多様な価値観を吸収している。株式会社野村総合研究所では資産運用のシステムのメンテナンスなどに関わり、2016年4月から副主任として活躍中。

※掲載情報は2016年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/admission/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる