Waseda Institute of Political Economy早稲田大学 現代政治経済研究所

News

省エネルギーの経済学研究部会5月16日18:15~19:30(Mario Giampietro)

【部会名】省エネルギーの経済学研究部会(代表:有村 俊英先生)

【日時】5月16日(火)18:15~19:30

【会場】3号館4階 406教室

【発表者】Mario Giampietro(バルセロナ自治大学 環境科学技術研究所 研究専任教授)

【テーマ】“How easy is the decarbonization of modern economies? An analysis of energy uses in the economy of EU27 based on the concept of societal metabolism”

■参加資格:学生・教職員・研究部会員・一般

※参加希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。

RIEEM事務局

rieem.waseda@gmail.com

 

■発表者紹介

Dr.Giampietro

 

Dr. Mario Giampietro is a research professor of Institute of Environmental Science and Technology of Universitat Autònoma de Barcelona and has a Ph.D. in Social Sciences from Wageningen University in Netherlands. He has worked on integrated assessment of sustainability issues for many years and is well-known as a developer of Multi-Scale Integrated Analysis of Societal and Ecosystem Metabolism, which links between the metabolism of socio-economic systems and the potential constraints of the embedding natural environment. He has more than 150 scientific publications in the prestige journals such as Ecological Economics, Energy, and Nature and is also the author of several books. He is one of the leading environmental scientists in European region.

 

Mario Giampietro博士はバルセロナ自治大学の環境科学技術研究所の研究専任教授で,オランダのWageningen Universityから社会科学の博士号を授与されています。博士は持続性の研究に長い間取り組まれてきており,社会経済システムと自然環境に組み込まれた制約条件の結びつけるMulti-Scale Integrated Analysis of Societal and Ecosystem Metabolismの開発者として良く知られています。Ecological Economics, Energy, and Natureといった雑誌に150本以上の論文を掲載され、書籍も数冊刊行されておられる,ヨーロッパを代表する環境科学の研究者です。

 

 

皆様の御参加をお待ちしております。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/winpec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる