Research Institute for Letters, Arts and Sciences早稲田大学 総合人文科学研究センター

News

2020/7/29 第11回国際フォーラム「越境する人文知」開催のご案内

各位

近年、本学では、東アジアからの訪問研究者・交換研究員が増えており、その中には、訪問研究をとおして優れた研究成果をあげている方も少なくありません。また、本学での研究成果がキャリアアップの条件となっていて、その公開が必要な方もおられます。一方、本学における若手研究者の育成に関しても、国際的な学術交流の必要性が高まっています。

しかし、せっかく海外から多くの研究者・研究員が来られて、貴重な研究を進めておられるにもかかわらず、本学の研究者・大学院生などを含めて相互に意見交換し、その研究成果を共有する機会はけっして多いとは言えません。

また、領域を超える研究が増加している現在、訪問研究者・研究員ならびに本学の大学院生の研究にも、受け入れ研究者・コースの領域を越えたテーマが数多く見られます。

そこで、本研究部門では、東アジアの人文学に関する多様な研究者を擁し、学術交流を進めている特性を生かして、学術交流の促進と、国際的な研究の進展をはかることを目指し、訪問研究者を中心とする国際学術フォーラムを、半年に1回開催しています。それは、東アジアにおける学術研究拠点の形成や、新たな研究の地平を開くことにも繋がると考えます。

フォーラムは2015年7月に開催した第1回以来、毎回10名程度の方にご発表いただき、30名以上の方にご参加いただいています。特に今年度は新型コロナウィルス感染症の影響で図書館が閉鎖され、学会や各種の学術活動も制限されて、訪問研究者・留学生のみなさんの研究に大きな影響がでています。そうした非常事態の中、せめて学術報告の機会を確保し、相互の交流を図りたいと考え、下記の要領で、第11回国際フォーラム「越境する人文知」を開催いたします。ふるってご参加ください。

あわせて、ぜひご関係の先生方・研究者・研究員・学生・留学生などにご紹介いただきますようお願い申し上げます

日時:2020年7月29日(水)午前2時~午後5時

   第11回国際フォーラム「越境する人文知」はZoomで開催いたします。

ご参加いただける方は、Zoomをダウンロードのうえ、以下のURLからお入りください。

なお、参加者数を報告する必要があります。恐縮ですが、参加される場合はご本名でご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

 

URL

https://zoom.us/j/93691599498

ミーティングID: 936 9159 9498

パスコード: 4sMSJ9

チラシはこちら

案内はこちら

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/rilas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる