Research Institute for Letters, Arts and Sciences早稲田大学 総合人文科学研究センター

News

【2020年1月29日(水)12:30~】第10回国際フォーラム「越境する人文知」開催

第10回国際フォーラム「越境する人文知」

日時:2020年1月29日(水)
場所:33号館第11会議室

プログラム

12:30〜12:35開会の辞(千野拓政)

12:35〜13:20【発表1】李惠敏(河北師範大学文学院副教授)
戦後における張愛玲の苦境について——映画『金鎖記』《The Golden Cangue》を中心に——
司会:千野拓政、通訳:劉茜(文学研究科中国語中国文学コース博課程)

13:20〜14:05【発表2】朱婧(南京師範大学文学院講師)
《越境者的文学景观》(「越境者の文学風景」)
司会:千野拓政、通訳:徐暁璇(文学研究科中国語中国文学コース修士課程)

14:05〜14:35【発表3】許海華(浙江工商大学東方語言与哲学学院講師)
19世紀における長崎唐通事の変容―語学活動からのアプローチ―
司会:王坤(西安電子科技大学副教授)

14:35〜15:05【発表4】翟会寧(中国人民大学外国語学院博士後期課程)
『十訓抄』所収養老の滝伝説考―醴泉湧出と孝子説話との関わりをめぐって―
司会:張天恩(社会科学研究科博士後期課程)

15:05〜15:10閉会の辞(鳥羽耕史)

注意事項
 発表時間は日本語:25分、外国語(中国語):通訳を含めて40分です。
 質疑応答は5分です。
(日本語の発表は20分、中国語の発表は35分で予鈴を鳴らします)
 発表者はハンドアウト30部をご用意ください。
(1月25日までに助手へお送りいただければ、こちらで印刷します。)

連絡先:総合人文科学研究センター研究部門「東アジアの人文知」
助手・張龍龍  [email protected]

チラシはこちらです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/rilas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる