Advanced Research Center for Human Sciences早稲田大学 人間総合研究センター

Research

研究

Research Project

研究プロジェクト

当センターでは、プロジェクト単位で多様なテーマについて、領域を超えた研究を行い、数多くの成果を挙げてきました。研究員が最新報告や告知等のデータベースを随時更新しています。

研究プロジェクト一覧

研究代表者 名称 期間
掛山正心 脳の柔軟性を維持するための生物学的基盤に関する研究 2017年4月~2018年3月
浅田匡 状況に埋め込まれた知としての「わざ」に関する総合的研究 2017年4月~2020年3月
掛山正心 環境健康リスク評価のための「脳とこころ」の評価尺度の開発と実装 2017年4月~2020年3月
橋本健二 大都市部における格差拡大の進行過程とその社会的帰結に関する計量的研究 2015年4月~2019年3月
尾澤重知 eスクール制度の海外普及に関する実践と評価 2016年4月~2019年3月
竹中宏子 パフォーマンスを通した「感動」の探求:人間の塔(Castells)の多角的なエスノグラフィ構築の試み 2016年4月~2019年3月
辻内琢也 復興の人間科学-避難から移住へ、新たなコミュニティ形成に向けたレジリエンスの活性化- 2016年4月~2019年3月
古山宣洋 ベルンシュタインの「協応」概念に基づいた動作構築に関する基礎的・応用的研究 2016年4月~2019年3月
森岡正博 現代哲学のアウトリーチに関する実践的総合研究 2016年4月~2019年3月
森本豊富 北米・ハワイ日系移民資料の整理と活用-「埋もれた過去」の蘇生のために- 2016年4月~2019年3月

過去の研究プロジェクト一覧

研究代表者 名称 期間
小野 充一 地域住民の主体的ケア評価システムとしてのMedical Quality Support Systemの評価ツール開発と有用性の検証 2014年4月~2015年3月
千葉 卓哉 「医農福」連携による健康寿命の延伸と持続可能な循環型地域社会の構築に向けた新産業モデルの創造 2014年4月~2015年3月
天野 正博 持続型の食糧供給体系-農学・バイオ・社会科学の学際・融合研究体制を基礎として- 2014年4月~2015年3月
熊野 宏昭 脳と心の科学の社会的還元のための応用脳科学研究基盤の形成-人間らしく幸せに生きるwell-beingの実現に向けて- 2014年4月~2015年3月
向後 千春 グローバルeラーニング育成プログラムの設計と開発に関する研究 2013年4月~2016年3月
スコット ダグラス The Role of Communication Technologies in the Cultural Adjustment of Exchange Students in America and Japan 2013年4月~2016年3月
土田 友章 高齢者主体の新しいアドバンス・ケア・プランニングの創出-市民の連携と共助をめざして- 2013年4月~2016年3月
永島 計 運動が体温調節機能を向上させる脳内メカニズムの解析 2013年4月~2016年3月
森本 豊富 在外日系移民資料の活用-「埋もれた声」の蘇生のために- 2013年4月~2016年3月
小野 充一 超高齢化・少子化社会を支える共有・共存のケア・パラダイムと地域システム開発 2013年4月~2014年3月
西村 昭治 人間科学を核とした国際的研究ハブの構築 2013年4月~2014年3月
熊野 宏昭 脳と心の科学の社会的還元のための応用脳科学研究基盤の形成―人間らしく幸せに生きるwell-beingの実現に向けて― 2013年4月~2014年3月
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fhum/archs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる