Advanced Research Center for Human Sciences早稲田大学 人間総合研究センター

News

ニュース

辻内琢也教授が代表をつとめる研究メンバーが第20回日本トラウマティック・ストレス学会で学会奨励賞「優秀演題賞」を受賞

辻内琢也教授が代表をつとめ、扇原淳教授、小島隆矢教授、熊野宏昭教授、桂川泰典准教授、金智慧助手らが参加する、科研費(基盤研究B)『原発事故被災者の移住・帰還・避難継続における新たな居住福祉に関する人間科学的研究』およびプロジェクト研究所『早稲田大学災害復興医療人類学研究所(WIMA)』の研究メンバーでの共同研究の成果が、2021年7月17日~31日に開催された「第20回日本トラウマティック・ストレス学会:トラウマと心と社会〜東日本大震災からの10年とこれから」にて学会奨励賞「優秀演題賞」を受賞しました。

第20回日本トラウマティック・ストレス学会の詳細はこちら

第20回大会奨励賞、研究紹介・受賞コメントの詳細はこちら

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fhum/archs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる