Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

News

ニュース

高等研究所セミナーシリーズ 【グローバル・ヒストリー研究の新たな視角】公開講演会:「インテリジェンスと信仰心のはざまで:東洋学の担い手としてのロシア帝国仏教徒」(6/5)

高等研究所セミナーシリーズ 【グローバル・ヒストリー研究の新たな視角】 公開講演会:
「インテリジェンスと信仰心のはざまで:東洋学の担い手としてのロシア帝国仏教徒」(6/5)

講演者

井上 岳彦 (人間文化研究機構 総合人間文化研究推進センター 研究員
/北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター  特任助教)

日 時

2021年6月5日(土)14:00~17:00

会 場

ZOOMにて配信予定

主 旨

「インテリジェンスと信仰心のはざまで:東洋学の担い手としてのロシア帝国仏教徒」

本講演は、ロシア帝国のチベット仏教徒(特にカルムィク人)がいかに東洋学の形成と変容に関与し、そのことが仏教徒社会・ロシア社会双方にいかなる影響を与えたのか、という点について論ずる。チベット仏教を信仰するモンゴル系のカルムィク人は、黒海とカスピ海の間に広がる草原地帯に住み、18世紀前半にロシア帝国の支配下に入った。チベットなどの信仰拠点から遠く離れ、経典すら散逸する中で、カルムィク人は、その信仰維持をロシア政府の支援に依存していくようになった。他方、政府の脆弱な統治能力のために、地方統治も、仏教僧侶の協力に依存していた。こうして、政府と教団の相互依存関係が形成されたのである。19世紀後半、東部ユーラシアの戦略的価値が高まったとき、東洋学がロシア帝国の軍事・外交・経済政策の決定に大きな影響を与え始めた。ロシア東洋学は、ピョートル大帝以来の伝統を持つが、質・量ともに発展途上にあった。しかし、チベット仏教徒は、言語としても信仰としても、東部ユーラシア地域に強い優位性を有した。かくして、仏教徒は、ロシア東洋学の形成に大きな影響力を発揮するようになった。彼らは、聖地巡礼の形をとって、アジア各地を調査した。仏教徒は単なる情報提供者に留まらず、東洋学者とのあいだに、ある程度対等な学術的協働関係を築いた。やがて、その関係は、仏教徒によるロシア語公共圏への参加に進展したのである。

プログラム

14:00~14:10  開会挨拶
14:10~15:10  講演(井上 岳彦)
15:10~15:20  休憩
15:20~15:50  コメント (海野 典子)
15:50~17:00  質疑・討論

コメンテーター

海野 典子(早稲田大学高等研究所 講師)

司 会

秋山 徹(早稲田大学高等研究所 准教授)

対 象

大学院生・教職員・一般

主 催

早稲田大学 高等研究所

申込み

事前登録が必要です。以下URLよりご登録をお願いします。

https://zoom.us/meeting/register/tJctdemgrTIuEtN_taPw249zgseiwD8GgpZ2

ポスター

こちらをご覧ください。

Dates
  • 0605

    SAT
    2021

Place

Online / ZOOM

Tags
Posted

Thu, 06 May 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる