Waseda Weekly早稲田ウィークリー

コラム

早稲田の女子学生

大学史資料センター助教 檜皮 瑞樹(ひわ みずき)

数少ない国文の友を戦争に送る会。女子学生の姿も(1944年)

戦前期日本の教育システムにおいて、女性は高等教育から排除されていた。現在の津田塾大学や日本女子大学などの学校も、法令上は専門学校という位置付けであった。高等教育機関で最初に女子学生を正規学生として受け入れたのは、1913年の東北帝国大学であった。その後も1917年に東京帝国大学が公開講義の聴講生として受け入れた事例などがあるものの、あくまで例外的な措置であった。

女子学生が早稲田大学で学んだのは、1921年に聴講生として12名を受け入れたのが最初である。学長・平沼淑郎が「今日女子の為(ため)に大学開放の論を聞いても、敢(あ)えて事新しき感じはせぬ。寧(むし)ろ却(かえ)つて其遅きを憾(うら)む次第である」と記すなど、1920年の大学令による大学昇格に合わせて正規学生として女子学生入学が検討された。しかし、文部省(当時)の反対意見などもあり実現には至らなかった。

正規学生として女子学生の受け入れを開始したのは1939年であった。初年度には法学部に1名、文学部に3名の女子学生が入学した。1945年4月までに政治経済学部に1名、法学部に4名、文学部に51名の女子学生が早稲田の地で学んだ。戦後の1946年には、高等師範部でも女子学生の受け入れを開始した。

早稲田大学の高等師範部混声合唱団(1948年)

一方で、設備などが不十分であったため、女子学生の多くが苦労したことを書き残している。「ただ不便に感じるのはお昼飯をいただく適当な場所のないことです」や「とても困ったのは女性専用のトイレがないこと」といったものから、「埃(ほこり)っぽい学生服に交じって女子聴講生は三人、学生たちは慣れぬ若い女性を遠巻きにしてろくに話しかけてもこない」といった男子学生側の戸惑いを表すものまでさまざまである。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる