Intercultural Communication Center(ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

【登録期間:10/1-10/22, 9:00AM】(スチューデントダイバーシティセンター連携イベント 2020 第3弾)オンライン・トークセッション: Withコロナ時代の大学生として、僕たちはどう生きるか~新しい時代の「本・人・旅」と多様性の考え方~(10/29)
ゲスト:出口治明氏(立命館アジア太平洋大学 学長)

ポスター

「本・人・旅が人生を豊かにする」

皆さん、このフレーズを耳にしたことはありませんか?

これまで世界1200都市をポスター訪れ、1万冊を超える書物を読破した、稀代の旅人であり読書家でもある、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明氏の言葉です。

「哲学と宗教 全史」、「還暦からの底力」、「全世界史」など、多くのベストセラーを世に送り出している出口氏の書籍を、書店で目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

今回、スチューデントダイバーシティセンター連携企画として出口氏をお招きしたスペシャル・トークセッションを開催します!

「Withコロナ時代の大学生として、私たちがより充実した学生生活を送るための秘訣とは?」
「誰もが自分らしく生きられる多様性に満ちた社会のために、私たちに必要な心がけとは?」

という2つのテーマについてお話ししていただきます。

コロナ禍で多くの学生が、留学がキャンセルになってしまったり、サークル活動ができなくなってしまったりと、思い描いていたキャンパスライフとは違う学生生活を余儀なくされている現実があります。

そのような状況にあって、私たちが、学生時代というかけがえのない時間をより有意義に過ごしていくためには、どのような考え方や行動が大切なのでしょうか。
そして、未来の社会の担い手として、今後生きていく上で大切にしたい心がけとはどのようなものでしょうか。

「現代の知の 巨人」の肩に乗り、あなたと社会の未来について考える時間を過ごしませんか?

きっとこれからの生活へのヒントが得られるはずです!

※情報保障(事前の資料送付、PC通訳等)の利用についてご希望の方は、10月8日までに下記の申請フォームよりお申し込みください。それ以降についても、ご相談のうえ、できる限りの対応を検討させていただきます。 

日  時

2020年10月29日(木)16:30~18:00
※16:25からZoomへの入室可能です。この時間より早く入室した場合は、待機室にて待機いただく予定です。

会  場

Zoom(Zoom URLは前日までに参加者にメールでお知らせします)

対  象

早大生・教職員

言  語

日本語(質疑応答は日英可)、パソコン通訳有(日本語)

参加費用

無料

事前登録

MyWasedaより応募してください。登録はこちらをクリック!

※ご入力いただいた個人情報は、今回のイベント以外には使用いたしません。

定員

100名程度(申込者多数の場合は抽選を行います。結果は締切日当日にメールでお知らせします。)

応募締切

応募締切:10月22日(木)9:00AM

◆ゲスト:出口治明氏◆

立命館アジア太平洋大学 学長 

京都大学法学部卒業。1972年、日本生命保険相互会社に入社、ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任 。2008年、ライフネット生命保険株式会社を開業、代表取締役社長に就任。2018年1月より立命館アジア太平洋大学学長に就任(現在に至る)。

主催

早稲田大学スチューデントダイバーシティセンター(ICC・障がい学生支援室・GSセンター)

ご協力

立命館アジア太平洋大学

お問い合わせ

TEL: 03-5286-3990   E-mail:[email protected]

Dates
  • 1029

    THU
    2020

Place

Zoom

Tags
Posted

Sat, 26 Sep 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる