Intercultural Communication Center(ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

その他

ICC参加者レポート:スロベニア文化ナイト ~「愛のある国」S”LOVE”NIAの知られざる魅力 ~

国際教養学部1年
近藤英里奈

LOVEという文字が国名に入る唯一の国、SLOVENIA。

リュブリャナを首都とし、日本の四国と同じくらいの面積を持つスロベニアは旧ユーゴスラビアから独立した国のうちの一つです。今回、ICCスロベニア文化ナイトに参加し、スロベニアはぜひ一度は行ってみたい場所のうちの一つになりました。

「スロベニアとスロバキア、何が違うの?」という疑問から始まったスロベニア文化ナイト。まずは大使館の方が国の概要について説明してくださいました。日本と同じように四季があり、季節によって異なる顔を見せる各地域の素敵な風景写真と美味しそうな家庭料理の写真に魅了されました。

次に、スロベニア留学生によるプレゼンテーションがありました。同年代のスロベニアの留学生が流暢な日本語を話している姿を見て、母国語でない言語を使うことができるだけでコミュニケーションの幅が一段と広がると感じました。

アンサンブル・プラニーカさんによるスロベニア音楽パフォーマンスもありました。ボタンアコーディオンとギターの明るいメロディにスロベニア語の歌が合わさり、スロベニアのアットホームなパブにいるような気分になりました。スロベニアの音楽を日本人の奏者が広めていることに驚きながらも、音楽をはじめとする芸術活動を通して国境を超えた繋がりができていくのだと感じました。

最後にスロベニア語のミニレッスンがありました。特に印象的だったのは、スロベニア語がとてもロマンチックだということです。動詞の変化形の中に「二人(恋人同士)」の区分があり、同じ「私たち」であっても動詞の使い方によって意味が異なることに驚きました。文化が違えばコミュニケーションの仕方も違うことに改めて気づかされました。

国名だけは耳にしたことがあってもその国の文化的背景や生活習慣、考え方を知っていることは少なく、他文化を知る機会自体も少ないと思います。そのような中で今回このイベントに参加し、スロベニアに対する興味が高まっただけでなく、実際にお話を聞き、体験することの大切さを改めて実感することができました。

今後も様々なICCのイベントに参加し、楽しみながら学びも深めたいと思います。

 

 

Dates
  • 0515

    WED
    2019

Place

大隈ガーデンハウス(25号館)1階

Tags
Posted

Wed, 12 Jun 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる