Intercultural Communication Center (ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

その他

ICCイベント企画者レポート:テュルクランチ

学生スタッフリーダー
H.R.

みなさんこんにちは!

4月24日に開催しましたスペシャルランチイベント、ICC『テュルクランチ』の企画者です。このイベントは私が自分の好きな民族に関するイベントなのでとても思い入れが深いイベントとなりました。イベントに参加された方も、参加できなかった方も、読んでいただけたら幸いです!

去年の3月にイスタンブールへ訪れた私はトルコのエキゾチックな景色、文化そして不思議な響きのトルコ語に強く惹かれました。トルコは考えるととても不思議な国です。ヨーロッパの国でありながら、住民のほとんどはイスラム教徒です。ほかのヨーロッパからは中東とみなされることもあります。ですがお隣に住む同じイスラム教徒のアラブ人やペルシャ人とも言語も歴史も異なります。トルコ語はインド・ヨーロッパ語族でもセム語族でもなく、アルタイ語族です。トルコ人は本来中国北部や現在のモンゴル、シベリアなどの北アジアを原住地とする遊牧民族です。文法構造は日本語と非常によく似ています。トルコ人は、みなさんも高校の世界史で習ったであろう突厥帝国の子孫であることに誇りを持っている人が多いそうですが、日本ではあまりそのことは知られていません。そこで今回トルコ系民族、いわゆる「テュルク」について紹介するイベントを行いたいと考えました。参考にしたのは昨年ICCで行ったヒンドゥーランチでした。ICCラウンジでカジュアルにプレゼンを聞きながらお昼を食べ、サポーターや参加者同士が交流できるアイディアは参加者にもハードルが低く、気軽に参加できると思いました。

トルコ系の国はトルコ以外に主に中央アジアの国々があります。トルコ系民族はロシアや中国にもたくさんいます。今回、テュルクの全ての国を紹介することはできませんでしたが、トルコと、カザフスタンとウズベキスタン3ヶ国を取り上げ、それぞれの国出身の留学生がサポーターとして協力してくれました。

マイナーな名前・テーマのイベントなので、どれぐらいの参加者に来ていただけるか不安でしたが、100人以上の方に参加いただき、会場は超満員になりました。カザフスタンのサポーターさんが持ってきてくれた、カザフ伝統のスナックは珍しく、好評でした。また、民族衣装の試着も人気でインスタグラムに挙げている方もいました。残念だったのはマイクの調子がひどく、最初のプレゼンターの話がよく聞けなかったことです。また短い時間に内容を詰め込みすぎたため、参加者同士の交流タイムが十分に取れなくなってしまいました。次回はカントリーフェスタなどでさらにいいイベントを企画したいと思うので、乞うご期待ください!

Dates
  • 0424

    WED
    2019

Place

ICCラウンジ(3号館1階)

Tags
Posted

Wed, 15 May 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる