Intercultural Communication Center(ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

ICCトーク・セッション:「まだ、叶わぬ夢:アフリカ系アメリカ人の解放闘争とラングストン・ヒューズの詩的ヴィジョン」(10/30)ゲスト:メアリルイーズ・パターソン氏

ポスター

今回ICCでは、米文学を代表する詩人でありハーレムルネッサンス*の指導者でもあった
伝説的なアフリカ系アメリカ人作家、ラングストン・ヒューズ氏(1901-67)に焦点を当てた
トークセッションを実施します。
(*ハーレムルネサンス:1920年代~30年代にニューヨーク市マンハッタン島ハーレム地区で
花開いたアフリカ系アメリカ人による文化運動。)

ヒューズ氏の作品や活動は、それまで白人作家によって描かれてきた黒人像を一変させ、
アフリカ系アメリカ人の視点で文化や風俗を提示することにより、アフリカ系の人種的
アイデンティティを啓発したと言われています。

今回のトークセッションでは、ご両親がヒューズ氏の親しい友人だった、メアリルイーズ・パターソン氏を
講師としてアメリカからお招きします。ヒューズ氏の作品や活動、そして大恐慌後の1930年代から
公民権運動が全盛となった60年代頃まで、ご両親が関わった急進的な黒人の解放運動の遺産について
お話しいただく予定です。

米文学史、ハーレム・ルネッサンス、アフリカン・アメリカン、黒人解放運動等に興味がある方に
とって貴重な機会となるはずです。ご参加お待ちしています。

日時

2018年10月30日(火)14:45〜16:15(開場14:30)

会場

早稲田キャンパス15号館201教室

対象

早大生・教職員・一般

言語

英語(質疑応答は日英可)

参加費

無料

事前登録

不要

講演形式

教育学部開講科目「米文学史」(岡島慶講師)公開講演会

ゲスト・プロフィール

メアリルイーズ・パターソン博士
シカゴ生まれ、ニューヨーク市ブルックリンで育つ。小児科医。現在、ニューヨーク市ワイル・コーネル医科大学で臨床医として勤務。2016年、ヒューズ氏とご両親との40年におよぶ書簡に詳細な解説を付した著書「Letters from Langston: From the Harlem Renaissance to the Red Scare and Beyond (ラングストンからの手紙:ハーレム・ルネサンスから赤狩り、その後まで)」(カリフォルニア大学出版会)を友人と共に出版。

お問い合わせ

TEL: 03-5286-3990
E-mail:icc-talk@list.waseda.jp

Dates
  • 1030

    TUE
    2018

Place

早稲田キャンパス15号館201教室

Tags
Posted

Tue, 09 Oct 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる