Intercultural Communication Center(ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

News

ニュース

★ICC★ ゲームで楽しく交流 交換留学生が早大高等学院中学部で授業担当

ICCアウトリーチ・プログラムを通じて日本の教育現場を実体験

DSC00786国際教養学部 1年 エディル・ジョン・ディゾン・オードニオ

私は日本に留学することを決めたとき、日本の教育システムについて可能な限り学ぼうと決意しました。将来は教育者を目指しているので、視野を広げたかったのです。そして、「ICCアウトリーチ・プログラム(※)」を見つけて申し込みました。プログラムの概要を読んで、ますます興奮しました。まさに私が探していた種類のプログラムだったからです。日本では小学校を訪問して生徒たちと英会話をした経験はありましたが、教室で教えたことはありませんでした。

※早稲田大学の外国人学生と日本人学生がペアで授業案を作成し、異文化理解促進のための生きた教材として、小・中学校や高校を主とした教育現場に出向き、児童(生徒)たちと意見交換をしながら異文化を理解する力を養うための支援を行う、ICC(異文化交流センター)主催のプログラム。今回は、2017年6月8日(木)と22日(木)に早稲田大学高等学院中学部にて中学3年生を対象に開催された。

アウトリーチ・プログラムの事前オリエンテーションに参加して、私はプログラムの実施時間の長さに驚きました。少なくとも50分間は教えるのだと予想していましたが、私たちは10分の休憩を挟み、50分間のセッションを2回教えることになっていたのです。少し驚きましたが、同時にわくわくしました。オリエンテーションでは、一緒にプログラムを担当するパートナーの日本人学生に会いました。彼は、ICC学生スタッフで社会科学部の学生でした。私たちは連絡先を交換して、準備を始めました。

DSC00761

熱心に聞く中学生たち

パートナーとは、プログラム内でどんなことをどのように実施するのか話し合いました。そして、「アイスブレーカー(Ice Breaker※)」と「クイズ」を行うことを決めました。アイスブレーカーとして、私の母校であるアイオワ州立大学で行っていたゲームを提案しました。それは、ボールを手にした人が自己紹介をし、その後にボールを次の人に投げ、次の人は同じようにして続けていくというものです。私のパートナーは、それを生徒たちにもっと楽しんでもらえるように、私の作った文章にラップ調の韻を付け加えることを提案しました。私たちはまた、学校側から与えられた課題に対処するために、授業内容を検討していきました。二人で話し合って決めた内容でスライドを作り、パートナーはそれを日本語に翻訳しました。

※参加者の緊張をほぐし、コミュニケーションの取りやすい雰囲気を作るためのレクリエーション。

DSC00785

プレゼンテーションで説明

早稲田大学高等学院中学部の教室に向かうとき、私もパートナーもとても緊張していました。長時間をかけて作ったスライドが、決められた時間内にきちんと収まるかどうかが心配だったからです。

教室に入ったとき、生徒たちがやる気に満ちあふれ、この授業に強い興味を持っていることが分かりました。最初にスライドがうまく動かないなどのトラブルもありましたが、それを直している間に自分たちの自己紹介を行いました。次のアイスブレーカーと「サイモンセッズ(Simon Says※)」は15分間を予定していましたが、予想以上に盛り上がり、30分もかかってしまいました。

※サイモン役が、動作を示す命令文の前に「Simon Says」という言葉を付けたときのみ、他の人はその動作を行うという、英語圏でよく行われるゲーム。

10分間の休憩までにクイズセクションをほとんど終えることができましたが、時間が足りなくなってしまったので、休憩時間中にプログラム内容についてパートナーと再度検討しました。英会話指導を諦めたり、文化的差異についての講義を短縮し、生徒たちが最も楽しめるものに焦点を当てることにしました。このICCアウトリーチ・プログラムを通して、高等学院中学部の生徒たちが最も楽しんだのは、彼らが昔持っていた「物」の絵を黒板に描くというものでした。これは、パートナーも私も一番楽しめたものでした。

今回のICCアウトリーチプログラムで日本の教育現場を実体験して学んだのは、日本では生徒と教師が素晴らしい関係を築いているということです。まるで家族のように信頼し合う関係性が、いい相互作用を生み出していると思いました。生徒たちとの間に感じた親密さを再現することができれば、教師として成功できることでしょう。自分が教育者になった将来、この日本での経験を生かしたいと思います。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる