Intercultural Communication Center(ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

[ICC平和・人道支援トーク・セッション] シリーズ② 「わたしが大学生のときに聞きたかったこと~難民保護の現場から~」 ゲスト:UNHCRタンザニア・カスル事務所難民保護担当 小宮理奈氏 (7/6)

ポスター

メディア等で報道されているように、紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民は全世界で何千万人という数にのぼっています。そうした現場では、国連はじめとする様々な人道支援機関で力を注いでいる人々がいます。

皆さんの中には「自分も将来、人道支援にかかわる活動をしたい」と希望する方もいるかもしれません。
しかしそのためには何をしたらよいのでしょうか。
「情報はどこで手に入れるのだろう?」
「大学生のうちにしておくべきことは?」
「どんなキャリアの選択肢があるの?」

今回、ICCでは「平和・人道支援トーク・セッション」シリーズとして、2回に亘りトークセッションを開催します(第一弾:6/23, 第二弾:7/6)。
第2弾は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のカスル事務所(在・タンザニア)にてブルンジ、コンゴ民主共和国からの難民保護の任にあたられた、本学卒業生・小宮理奈さんにUNHCRの仕事について詳しくお話いただくと共に、大学時代のキャリア設計についてアドバイスいただきます。

先輩から、現場での実体験を聞ける貴重な機会です。
ご来場をお待ちしています。

◆ゲスト・プロフィール:小宮 理奈 (こみや りな) 氏◆
IMG_1365

本学法学部卒業後、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)にて人権学修士を取得。
ユニセフ(ウガンダ)、日本紛争予防センター(ケニア)を経て、国連UNHCR協会にてUNHCRや難民問題の広報活動を展開。
その後UNHCRカスル事務所(タンザニア)にてブルンジ、コンゴ民主共和国からの難民保護に関する職務に従事。

日  時

2017年 6月27日(火) → 7月6日(木) 延期しました!
18:15~19:45(開場18:00)

会  場

大隈ガーデンハウス (25号館)1階

対  象

早大生・教職員・一般

言  語

日本語 ★質疑応答は日英可

参加費用

無料

事前登録

不要(先着順100席、立ち見可)

お問い合わせ

ICC TEL: 03-5286-3990   E-mail:icc-talk@list.waseda.jp

Dates
  • 0706

    THU
    2017

Place

大隈ガーデンハウス(25号館)1階

Tags
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる