Intercultural Communication Center (ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

ICCトーク・セッション「人はなぜ旅に出るのか?~世界一周バックパッカー~」 ゲスト:石子 貴久(東南アジア教育支援団体「SANDAL TOURS」代表)

pic140415

  • 日時
    2014年4月15日(火)16:30~18:00
    (開場 16:10)
  • 会場
    大隈ガーデンハウス(25号館)1階
  • 対象
    早大生・教職員・一般
  • 事前登録
    不要(先着順80席)
  • 参加費
    無料
  • 言語
    日本語

テレビ番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系、1998~2002年放送)に出演し、カンボジアでのサバイバルを経験後、バックパックを担いで世界一周の旅へ。現在はそれらの経験を活かし、カンボジアを中心に教育支援活動を行っている石子貴久さん。
主催しているスタディツアーでは、電気も水道もないカンボジアの村への訪問や、小学生と一緒に紙芝居を作って上演会をする特別授業を行うなど、活動は多岐にわたっています。今回のトークセッションでは、「飛行機をなるべく使わず地球のデカさを体感する」をコンセプトにしたバックパックの旅で経験した、日本の生活では考えられないようなエピソードに加え、「人はなぜ旅に出るのか?」「観光と旅の違いは?」といったテーマについてもお話しいただきます。旅が好きな方も、旅に出たいけど一歩が踏み出せない方も、奮ってご参加ください!pic140415-2

  • ゲスト:石子 貴久
    東南アジア教育支援団体「SANDAL TOURS」代表
  • 1978年
    神奈川県茅ヶ崎市出身
    高校時代よりオートバイで北海道一周や、西日本&沖縄一周などの国内ツーリングに出かける。
  • 2001年
    大学在籍中に日本テレビ系『進ぬ!電波少年』の「アンコールワットへの道の舗装」というコーナーに出演。
    9か月に及んだ舗装生活の末、2002年3月に無事舗装が完了し、アンコールワットへ到達。
  • 2002年
    バックパックを担いで世界一周の旅へ。1年7か月を掛けて世界一周を達成。
  • 2011年
    「SANDAL TOURS」を立ち上げ、カンボジアの昔話復興や教育支援、若者を対象にしたスタディーツアーを主催。
  • ポスター
  • ブログ

お問合せ:  TEL: 03-5286-3990 E-mail: [email protected]

Dates
  • 0415

    TUE
    2014

Tags
Posted

Wed, 16 Apr 2014

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる