Career Center早稲田大学 キャリアセンター

For Current Students

在学生の方へ

Lower grades

低学年の方

基盤形成・地力養成

社会に出てから生き抜くために今何をやるべきか

Design Your Future – 早稲田流 進路選択・生涯設計の方程式 –

「知識×体験」で自在に創る自分仕様の未来

1、2年生の皆さんに、まず伝えたいこと―それは、学生生活は就職のためだけにあるのではない、ということ。就職のさらに先にある未来を見据えて、自分の「土台」を築くための大切な期間なのです。

その土台を揺るぎないものにするのが、学部教育をベースに得られる「知識」と「経験」。学業を通じて深める専門知識と、社会とかかわる実体験を自在にカスタマイズすることで相乗効果が生まれ、生きる力に満ちあふれた人間へと成長していきます。
早稲田大学には、そのための多彩な場があります。低学年のうちから主体的にチャンスをつかみとり、獲得した知識と体験をもとに、ほかの誰でもない「未来の自分」を創り上げてください。

学生生活を通してもっとも力を入れるべきことは「学業」です。皆さんはまず、所属する学部の授業を中心に、しっかりと学業に取り組んでください。その中で、現代社会が抱える諸問題を認識する。これが、「専門知識を得る」ということです。
さらに、なぜ問題が起こるのか、どうすれば解決できるのか、筋道をたてて論理的に考える力を身につけてください。皆さんが卒業して社会に出れば、たくさんの問題に直面するでしょう。それらは、さまざまな要素が複雑に絡み合っている場合も多く、一つひとつを根気強く紐解きながら、解決の糸口を見い出すことが求められます。そのために必要な「論理的思考力=深く考える力」を磨くことが、社会で活躍するための第一歩になります。

次に、「社会経験」を通して、学業で得た知識や思考力を、実際に使ってみることが大切です。たとえば、「問題が起きている現場へ出向き、ボランティア活動に参加する」「海外へ留学し、異文化交流をする」「部活動で仲間と協働しながら目標を達成する」など、どんな体験でもかまいません。知識や思考力は、社会とのかかわりの中で実際に生かされてはじめて意味を持ちます。さらに、現場に身を置いたからこそ新たに獲得する知識や見えてくる問題・課題もあり、その解決策を模索するプロセスでまた、考える力が鍛えらます。
つまり、「知識」「思考力」と「体験」は互いに強め合う関係にあり、これらを蓄積することで、未来に向けた自分の「土台」が固まっていくのです。

早稲田大学には、知識を深め、考える力を鍛えるプログラム、社会経験を積むプログラム、すなわち「成長の場」が数多くあります。課外活動も盛んで、部・サークルの数は公認のものだけでも600を超えます。皆さんが主体的に行動すれば、意欲に応える場はいくつでも見つかるでしょう。しかし、受け身でいる限り、成長のチャンスを手にすることはできません。
学生生活を通してどんな自分になりたいか、そのためには何が必要か――今すぐ、自分に問いかけてください。その答えにもとづいて自らフィールドを選び、たくさんの知識と体験を獲得してください。それらを自在に組み合わせながら未来への土台を築く中で、オンリーワンの強みを持った「自分」が見えてくるはずです。

早稲田の多彩な「成長の場所」 プログラム

早稲田大学には皆さんが成長できる様々なプログラムが用意されています。

それらのプログラムに参加し、自分らしい充実した学生生活を過ごしてください。

・必ず見つかる「成長の場所」 学内プログラム一覧

・「みらい設計」支援行事一覧

 

「体験」と「振り返り」で自分らしい人生を切り拓く力を身につける

積極的に行動し体験することは重要ですが、それだけでは不十分です。

体験を振り返ることが大切です。

その体験が自分にとってどのような意味があるのか、また社会とどのように関わっているのかを考えましょう。

それらを繰り返すことにより、自分らしい人生を切り拓く力が身につきます。

人間力

 

進路選択・生涯設計

人それぞれの進路選択・生涯設計

ほかの誰でもない「未来の自分」

どのような進路を選択するかは、人それぞれです。正解はありません。
皆さんが、満足でき、やりがいを持って、充実した日々を過ごせることが大切ではないでしょうか。
自分が大切にしたい価値観や将来へのイメージに向かって学生生活を有意義に過ごしてください。
大切にしたい価値観や将来へのイメージが持てないという場合も、心配したり不安に思うことはありません。
今自分ができることに一生懸命取り組むことで、それらは形成されていくでしょう。
ただし、心配だから、不安だからといって立ち止まらないでください。

就職がゴールではない

進路選択は企業へ就職することがすべてではありません。多様な進路選択があり得ます。また、企業に就職したとしてもそこがゴールではありません。
皆さんが、満足でき、やりがいを持って、充実した日々を過ごすためには、何のために働くのか、どのように働くのかが大切ではないでしょうか。働くことの意義を自分自身の中で明確にしながら、自身の将来を切り拓いてください。

story

進路が明確な場合

すでに進路ややりたい職業が明確な方は、それに向かって努力してください。
特に資格や試験が必要な一部の職業(国家公務員総合職試験、司法試験、公認会計士試験等)は、早期に準備をすることが有利になります。
詳しくは 「プロフェッショナルへの道」をご覧ください。

プロフェッショナルへの道

将来仕事につくためには、資格が必要とされる場合があります。その仕事をやりとげられる能力があるかどうか試されているのです。
なかには在学中に取得できる資格もありますのでチャレンジしてみましょう。

裁判官、検察官、弁護士 司法書士
三者まとめて法曹と呼び、それぞれ法の専門家として活躍することができます。司法制度改革に伴い、法科大学院(ロースクール)で法曹としての教育を受けることが前提となり、今後は原則として、法科大学院修了者に司法試験の受験資格が与えられます。 依頼主から委託され、裁判所や検察庁、または法務局に提出する書類の作成を主な業務としています。そのほか、簡易裁判所での訴訟代理、登記または供託に関する手続きの代理なども行います。様々な相談に応じるコンサルティング業務も行います。
行政書士 弁理士
行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可などの申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書などの権利義務、事実証明及び契約書の作成を行います。代書的業務だけではなくコンサルティング業務も行います。 知的財産権のスペシャリストとして、特許・実用新案・意匠・商標・国際出願に関する特許庁への出願・審判請求手続きを権利者に代わって行い、権利が維持するようにつとめます。また、出願の取消や権利を無効とするための異議申立手続も行います。
公認会計士 税理士
主な仕事は監査業務・税理業務・コンサルティング業務。特に監査業務は、企業の財務諸表を調査・証明する仕事で、公認会計士しか行えません。個人事務所で経験を積んでからの独立や、監査法人に勤務したりするほか、一般企業で活躍する道もあります。 税金のプロフェショナル。納税者の求めに応じて、各種税金の申告・申請といった税務代理、税務書類の作成、税務相談を行います。その他、税に関する不服審査手続きなども行います。税理士事務所などに勤務しながら時期をみて独立するケースが多い。
中小企業診断士 社会保険労務士
公的支援事業や民間で活躍する経営コンサルタント。主な業務は、その名の通り、中小企業の経営状況を調査して的確に診断し、経営に関するアドバイスを行うことです。業務によって培われた知識と能力を活かして講演をするなど幅広く活躍できます。 “人”の採用から退職までの労働及び社会保険に関する手続きを行う人事・労務の専門家として、老後の年金を含む生活設計や介護の相談にも応じます。少子高齢化社会の到来や新たな労務問題の増大により、社会的なニーズが高まっています。

宅地建物取引主任 不動産鑑定士
宅地または建物の売買や交換、貸借の代理や媒介など不動産取引を行います。不動産売買を仲介する宅地建物取引主任者は、重要事項について口頭で説明、交付、書面に記名、押印するなど不動産取引を公正かつ安全に行うため重要な役割を担っています。 国や都道府県が土地の適正な価格を表示するための地価公示制度や地価調査制度をはじめとして、公共用地の買収評価、相続税路線価評価、固定資産評価、裁判上の評価、さらには不動産に関するカウンセリングなど幅広い分野で活躍しています。
土地家屋調査士 建築士
不動産表示登記に必要な土地または建物を調査・測量して、所有者に代わって、登記書類を作成し、法務局(登記所)に申請・審査請求の手続きなどの業務を行います。登記のコンピュータ化に伴う業務の拡大などを受けて、活躍の機会が増しています。 建築士法による免許を得て、巨大な超高層ビルから、小さな一戸建てまで、あらゆる建築物の設計を行います。また、施工業者の選定から、設計指示どおりの材料が使われているか、工事の進め方に問題がないかといった工事監理も行います。
建築施工管理技士
鉄筋工事や大工工事、内装仕上げ工事などを含む建築工事の施工計画を作成し、現場の工程管理や品質管理、作業の安全管理などの業務を行います。試験には1級と2級があり、1級所持者は大規模工事を扱い、2級所持者は中小規模の工事を扱います。
国家公務員 地方公務員
国民全体のための仕事に就く者をいい一般職と特別職に分かれます。採用試験は総合職試験、一般職試験、専門職試験、経験者採用試験に分かれます。 都道府県や市区町村のために仕事に就く者をいい、都道府県職員、市町村、政令指定都市と中核市・特例市に分かれます。
秘書技能検定 簿記検定
ビジネスの現場で必要な知識・技能、社会人として求められる一般常識やマナー、コミュニケーション能力などを幅広く学ぶ事ができます。そのため、合格者は一般事務職の知識と技能を持っている証明となりますので、就職・転職の際に有利に働きます。 帳簿のつけ方、帳簿に書かれた数字の意味を把握する能力を測ります。簿記を理解することで、経理事務に必要な会計知識のほか、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、経理担当者だけではなく、すべての社会人に役立つ資格です。
ビジネス実務法務検定 国連英検
実務的な法律知識を有し、問題解決を図ることができる能力を身につけた人材の設定を目的とした検定です。取得後は法務部のみならず、実際に契約に従事する営業部、雇用・労働関係に携わる人事部など、多岐に渡るフィールドでの活躍が期待されます。 正式名称は「国際連合公用語・英語検定試験」といい、国際連合の公用語の1つである英語の普及を目的としています。試験では世界情勢や時事問題などから幅広く出題されます。国連職員をめざすのであれば、A級以上をめざすのが目標とされています。
TOEIC TOEFL
実践的な英語コミュニケーション能力を診断する世界標準のテストです。合格や不合格はなく、受験者は得点に応じて自分の英語力を判定します。客観的な英語力の評価がなされるため、多くの企業で採用や昇進時にTOEICのスコアを考慮し始めています。 世界規模で実施される英語の能力試験です。英語を母国語としない外国人が、アメリカの大学や大学院などに入学して、授業についていけるだけの総合的な英語力や一般常識をもっているかどうかを判定するために用いられます。
図書館司書 学校図書館司書教諭
図書館で図書の収集・分類・整理、貸出業務を行います。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
小・中・高等学校の図書館・図書室の収集・分類・整理、貸出業務等、専門的資料に関連する職務に従事する教員です。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
博物館学芸員 社会教育主事
美術館・博物館・資料館等で。資料の収集・保管・展示および調査研究を行い、関連業務の専門的事項をつかさどる職員を指します。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
主として社会教育施設の職員や社会教育団体の指導等に、そのあり方やその活動、団体の運営や活動について専門的技術指導・助言を行います。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
社会福祉主事 社会福祉士
都道府県・市町村の公務員試験に合格した後、福祉事務所等のケースワーカーに採用される場合等に活用できます。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
身体上・精神上の障害を持つ人に対して、日常生活の助言・指導・援助を行う専門家の資格です。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
陸上無線技術士 第一級 建築士 一級・二級
電波法に定められる放送局などの全ての無線設備の技術操作及び設備管理を行うことができる技術者です。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
「建築士法」に定められた資格をもって、建物の設計・工事監理等を行います。建物の規模、用途、構造に応じて、取り扱うことのできる業務範囲が定められています。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
技術士 建築設備士
科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価またはこれらに関する指導の業務を行います。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行います。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
土木施工管理技士 1級・2級 測量士・測量士補
1級は、河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道、などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行います。2級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入ごとに、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行います。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
ダムや橋、道路、鉄道、トンネル、ビル、家屋等、あらゆる建設工事において、まず最初に行う作業が測量です。工事予定地の正確な位置(座標)・高さ・長さ・面積等を専門的な測量技術を使って測定し、現状図面等を作成します。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
危険物取扱者 甲種 毒物劇物取扱責任者
危険物を扱う取り扱う施設で取扱い作業および、その場の立ち会い、安全のための点検・整備・教育などを行います。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
毒物劇物取扱責任者は毒物及び劇物取締法によって、国家資格として認定され、毒劇物を取扱う製造業、輸入業、販売業などにおいては、その設置が義務付けられ自分や周りに健康危害が及ばないように防止にあたる責任者です。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。
電気主任技術者 第一種・第二種・第三種
発電所や変電所、それに工場、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督を行います。
この資格は早稲田大学の一部の学部・学科等で取得可能です。

ガイドブックの入手

キャリアセンターでは、充実した学生生活を過ごすためのプログラム情報をまとめた『みらい設計ガイドブック』と、職業意識を醸成し、具体的な進路に対する考えを深めるためのインターンシップに関する情報を掲載した『インターンシップの手引き』を発行しています。

・キャリアセンターが発行するガイドブック

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/career/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる