Career Center早稲田大学 キャリアセンター

News

新型コロナウィルス流行下における提携プログラムインターンシップの扱いについて(お知らせ)

新型コロナウィルス流行下における提携プログラムインターンシップの扱いについて(お知らせ)

キャリアセンターにおいて実施している提携プログラム(大学を介して実施するインターンシップ)について、新型コロナウィルス流行下においては、次の通り対応することといたします。

1.学生の安全・健康を第一とします。

2.社会の状況に合わせ大学が定める学生の活動に対する制限に準拠し、応募の取り扱いを行います。

なお、本方針に基づき検討した結果、現時点(6月8日)においては、大学への学生の入校も制限している段階にあるため、対面型を予定しているインターンシップについては募集はいたしません。

ただし、今後は新型コロナウィルスの流行状況如何により、上記の制限レベルが段階的に下がることが考えられ、その際は、各応募機関が定める締切までに間に合う時期に応募を開始できる可能性があります。キャリアセンターにおいて、応募できると判断した段階で、キャリアセンターHPおよびMyWasedaお知らせ『インターンシップ情報』にて公開いたします。随時、ご確認をお願いいたします。なお、締切日が同日の機関であっても、提出書類の内容・方法によっては、提出可能期間が非常に短い場合、応募できないと判断される場合もありますので、あらかじめご承知おきください。

また、新型コロナウィルス流行下においては、学生は、次の事項を承諾した上で応募していただくことになります。

①学生本人の健康・安全へのリスクがあること

②学生本人の罹患により就業先に損害を与えるリスクがあること

③大学が学生に加入させる「早稲田大学学生補償制度(傷害補償・賠償責任補償)」は、学生が新型コロナウィルスに罹患した場合、あるいは学生が新型コロナウィルスに罹患し就業先に損害を与えた場合のいずれも補償の対象外となっていること

④上記のリスクが発生した場合、本人の責任において対応すること

⑤上記4点について保証人が承諾していること

⑥就業前2週間および就業中は、健康管理(発熱・その他症状がないことの確認)および三密を避ける行動を実施すること

⑦健康管理表にて、就業前2週間の学生本人の健康状態、および家族を含む身近な接触者に新型コロナウィルスの感染者がいないことについて、大学に報告すること

⑧就業中に微熱、咳等、軽症でも新型コロナウィルスの感染が疑われる症状がある場合は即座に就業を中止すること

機会の喪失は重大である一方で、健康・安全に勝るものではありません。大学として学生を送り出す以上、安全を第一とする必要があるため、学生の皆様にはご理解いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、現時点で、行政機関における提携プログラムB、C、Dについて先方のご判断により夏季インターンシップの募集を中止しているのは次の機関です。

<中止決定>

提携Bプログラム:大田区、杉並区、多摩市、西東京市、桑名市、佐倉市

提携Cプログラム:埼玉県、神奈川県、横浜市、栃木県

提携Dプログラム:農林水産省、JAXA、内閣官房行政改革推進本部事務局

※法務省本省インターンシップは、提出期限までに大学として制限レベルが下がる可能性がないため、応募できません。

【開室時間】
 平日9:00~18:00 土曜日9:00~17:00
 ※授業休止期間中の開室時間はこちら
【連絡先】
 Tel : 03-3203-4332  
 e-mail : career#list.waseda.jp
 ※#を@に変えて送信ください。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/career/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる