Waseda Institute for Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学研究センター

Research

研究

研究プロジェクト

運動の巧みさを支える脳内視覚情報獲得メカニズムの解明 研究代表者:内田雄介
スポーツ組織が行う社会的責任活動の分類 研究代表者:大西孝之
行動モニタリングと罰の効果-短期的効果と長期的効果- 研究代表者:小川景子
身体活動による大腸がん予防効果へのリテラシーを高める効果的な普及方法に関する研究 研究代表者:柴田愛
中学生バスケットボール選手における膝前十字靱帯損傷予防プログラムの効果検証 研究代表者:永野康治
休息をはさみながら間欠的に行う運動が身体組成、メタボリックシンドローム危険因子および動脈硬化に及ぼす影響 研究代表者:沼尾成晴
動的な発揮トルクに対する筋電気刺激法を用いたウォーミングアップの有用性 研究代表者:宮本直和
ウォーキング習慣者における継続要因の検討 研究代表者:李恩兒
学生アスリート及び指導者を対象としたアンチ・ドーピングシンポジウム 研究代表者:赤間高雄
ヘルスプロモーションプロジェクト 研究代表者:荒尾孝
スポーツにおける回復過程としての睡眠 研究代表者:内田直
大学生アスリートに対する効果的なコンディショニング支援方法の検討 研究代表者:岡浩一朗
体操の高難度技に注目した全身運動の学習メカニズムの解析 研究代表者:彼末一之
レジスタンストレーニングが筋出力特性におよぼす影響 研究代表者:川上泰雄
バスケットボール選手に対する「走り」のコーチング研究 研究代表者:倉石平
トンガ王国における国際スポーツの受容と発展に関する一考察 -ラグビーフットボールに関する事例を通じてー 研究代表者:坂本静男
体育と食育でメタボリックシンドローム対策 研究代表者:鈴木正成
わが国におけるスポーツマネジメント研究の将来的課題を探る学術シンポジウム 研究代表者:原田宗彦
ボート競技力の向上を目指した「高強度・間欠的・短時間トレーニング」の評価システムの開発 研究代表者:樋口満
足部アーチの動的挙動の性差について 研究代表者:福林徹
早稲田スポーツ発展に関する新戦略研究(2) -諸外国の大学スポーツとの比較研究- 研究代表者:堀野博幸
スポーツビジネスマネジメント研究 研究代表者:宮内孝知

プロジェクト研究所

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/rcsports/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる