Waseda Institute for Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学研究センター

About the Center

センターについて

From the Director

センター所長挨拶

スポーツ科学研究センター所長 松岡 宏高

スポーツ科学研究センターは、スポーツ科学学術院の構成機関として2006年に創設されました。その使命は、総合科学であるスポーツ科学研究をより一層活性化させるとともに、研究成果を広く社会に還元することにあります。そのため、センターの主な事業は、研究・調査の実施、研究成果の発表、研究会や講演会の開催に加え、大学と外部機関を結ぶ窓口として、研究・調査の受託や指導の実施となっています。

当センターの最も重要な任務は、各種企業、自治体、行政機関、スポーツ団体、等との共同研究や受託研究の推進であります。毎年20~30件、直近の5年間では延べ130件余りの共同研究や受託研究の実績を誇っています。研究成果の多くは、国内外の学術誌への掲載や学会での研究発表として報告され、また同時に共同・受託研究の提携先へのフィードバックが行われ、企業での健康・スポーツ関する新規取り組みの戦略や製品開発、自治体等での健康増進やスポーツに関する政策での応用などとして社会に還元されています。このような学術的かつ社会に還元される研究活動に取り組んでいるのが、当センターの研究員です。スポーツ科学学術院の教員、客員研究員、招聘研究員から構成される約170名が所属しております。

さらに当センターは社会還元を目的とした講習会形式の事業として、2017年度より「スポーツMBA Essence」(Sport Master of Business Administration Essence) を開講しております。これは、スポーツマネジメントやビジネスに関する知識習得に関心を持つ社会人を対象とするノンディグリーの教育プログラムです。これが早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センターとの共同事業であることも革新的であり、すでに多くの修了者がスポーツビジネス界で活躍し始めています。

スポーツサイエンス研究会の開催も当センターの大きな任務のひとつです。国際的に活躍する国内外の研究者を招き、最先端の研究知見を紹介していただいています。所沢及び東伏見キャンパスにて、毎年20~25回程度の研究会が開催され、その数はすでに260回を超えております。センター研究員だけでなく、学生・大学院生および一般の方々にもスポーツ科学の最先端知識と情報を提供しています。

過去には、文科省グローバルCOEプログラム「アクティヴ・ライフを創出するスポーツ科学」(2009年)の拠点が本センター内に設置されていました。プログラムの成功によって、スポーツ科学研究の成果と可能性を国内外に大いに示すことができ、国内の学生に加えて、多くの優秀な留学生がスポーツ科学研究科に集まり、博士学位を取得した後に世界で大活躍しています。グローバルCOEプログラムのレガシーは、スーパーグローバル大学等事業(SGU)「健康スポーツ科学モデル拠点」でも活かされています。これらの活動を通じて、海外の有力大学・研究機関とのパートナーシップを強化し、世界的ネットワークを展開しています。

現在、早稲田大学は「アジアのリーディングユニバーシティ」を担うべく、教育・研究を通した国際展開を推進しています。スポーツ科学研究はその支柱の1つを担っており、社会から大きな期待が寄せられています。社会におけるスポーツに求められる役割が多様になる昨今、本センターが益々活気づき、社会貢献を推進する研究拠点になるものと確信しています。

(2020年9月21日)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/rcsports/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる