Research Institute for Letters, Arts and Sciences早稲田大学 総合人文科学研究センター

Research

研究活動

Research for Creating Symbiotic Society by Clarifying Social Risks in High Modernity

現代社会における危機の解明と共生社会創出に向けた研究

本研究は、グローバリズムが進行しつつある現代社会において出現する危機の様相を解明し、その危機を克服していく方途として社会学や教育学、心理学をはじめとするさまざまな学問領域の研究を相互に関連づけながら共生社会創出に向けての可能性を探っていこうとするものである。現代社会を襲う経済的な危機や巨大災害などは、国家の枠を超える広範な社会的影響を惹起し、人々の日常生活を混乱に陥れて心身の状態を蝕み、社会的な亀裂を深めて分断や差別を助長し、社会構造の基本的な編成の仕組みを変質させて民主的なルールを破壊していく危険性を内包する。それに対して、危機的状況におかれている個人や集団への支援や的確な対応、社会・教育等の視点からの差別や暴力の克服、社会制度を支える主体のあり方とエンパワーを基礎とする新たな社会構築の原理の模索など喫緊の課題は山積している。そうした課題に取り組みながら、共生社会のビジョンを検討しその創出の可能性や方途を吟味していくことを研究の目標に掲げたい。

本研究では、そうした現代社会の危機のひとつの典型として、まず東日本大震災がもたらした社会的な課題に取り組むことにしたい。東日本大震災は、私たちの社会生活を根幹から危機的状況に陥れ、日本が直面するさまざまな現代社会の課題を突きつけており、この危機的状況におかれている個人や集団への早急かつ適切な対応は、いうまでもなく我が国における喫緊の課題となっているからである。そこでは、個人の心身の状態やメゾ環境(家族、職場、学校、地域社会など)の属性に応じた現実的かつ効果的な社会生活支援が必須である。本研究では、さらに人文科学の枠組みから現在の危機的状況の内実を明らかにし、危機に直面している人々に対する社会生活支援を行うための心理的生活基盤・社会的生活基盤・教育的生活基盤をさぐり、その基盤形成の実現をはかる方策を含めて検討していきたい。そうした試みは、共生社会創出に向けた展望をどのように描くかという長期的な研究課題に繋がっていくと思われる。具体的な研究課題として当面以下の3点を進めていく予定である。

  1. 危機的状況の全体像を、心理学、社会学、教育学において蓄積してきた観察法や調査法を用いて経験的かつ包括的に明らかにする。
  2. 必要とされる社会生活支援の心理的基盤・社会的基盤について戦略的に検討する。
  3. 基盤形成の実現にあたって、具体的な個別課題(貧困、就業困難、教育困難、家族崩壊、高齢者の孤立、健康被害、発達障害、社会的意欲の減退、少年矯正、臨床心理など)をとりあげ、課題ごとに、量的調査研究ならびに事例的調査研究をもとにその解決策を探索し実践していく。

シンポジウムやワークショップの開催や学術雑誌への論文発表、論文集の刊行などで研究成果を国内外に公表する。喫緊の計画では、2012年4月に実施した総合人文科学研究センター・キックオフ・シンポジウム内容を拡充した出版物の作成(ブックレット「震災を考えるシリーズ」での3冊の出版を2012年度に行う予定。このシリーズは韓国語に翻訳出版される計画)、岩手大学とのジョイントによる被災地でのワークショップの実施などがあり、2013年度以降も順次研究成果の発表を予定している。また、2012年12月に開催される日本・中国・韓国・台湾の4カ国5大学(早稲田大学、南開大学、清華大学、漢陽大学、台湾国立大学)による国際シンポジウム「第4回東アジア人文学フォーラム」においても、『危機と再生―グローバリズム・災害・伝統文化―』が共通課題として取り上げられているので、それらの成果も踏まえてこの研究部門の研究活動の広がりや他研究部門や領域との研究連携に繋げていくことは視野に入れておきたい。

メンバー紹介

浦野 正樹(代表者)

  • 津田 好美
  • 嶋崎 尚子
  • 竹村 和久
  • 土屋 淳二
  • 細金 恒男
  • 増山 均
  • 村田 晶子
  • 山西 優二
  • 和田 修一
  • 矢内 琴江(助教)
  • 川副 早央里(助手)
  • 野坂 真(助手)
  • 長田 攻一(招聘研究員)
  • 岡本 智周 (招聘研究員)
  • 小薮 明生(招聘研究員)
  • 近藤 牧子(招聘研究員)
  • 高橋 かおり(招聘研究員)
  • 松村 治    (招聘研究員)
  • 宮野 祥子(招聘研究員)

研究報告

2016年度の活動

2015年度の活動

2014年度の活動

2013年度の活動

2012年度の活動

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/rilas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる