Research Institute for Letters, Arts and Sciences早稲田大学 総合人文科学研究センター

News

【11月9日(土)14:30~】研究部門「イメージ文化史」ワークショップ「マンガの体験、メディアの体験」第5回「マンガと出版・配信・展示」開催のお知らせ

早稲田大学総合人文科学研究センター研究部門「イメージ文化史」主催
2019年度 ワークショップ
「マンガの体験、メディアの体験」第5回 

マンガと出版・配信・展示

日時  2019119日(土) 14301730

場所  早稲田大学戸山キャンパス33号館3331教室

 

藤本由香里(明治大学教授)
出版媒体とマンガ表現

成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員)
マンガの展示に関する諸問題

 

さまざまな視覚メディアとの対比のなかで、マンガを読む/見るという体験の意味を考える連続ワークショップの第5回は、編集者としての豊かな経験を持つとともに、『私の居場所はどこにあるの?』(1998年)以来、少女マンガとジェンダーをめぐる数多くの清新な論考を発表してきた藤本由香里さんと、「石子順造的世界」展(府中市美術館、2011-2012年)など、美術と大衆文化をつなぐさまざまな企画で注目を集め、キュレーションと美術批評の先端を走る成相肇さんが登場します。
今やマンガを体験する場所は雑誌や単行本だけではありません。マンガが多様な電子媒体によって読まれるようになったとき、いったい何が起きたのか、数多くのマンガ展が開催されている現在、そこで問われているのは何なのか。現場を知る2人の論者に導かれて垣間見る、マンガ体験の新たな地平!

お問合せ先:総合人文科学研究センター研究部門「イメージ文化史」
imagebunkashi◎list.waseda.jp (◎→@)
チラシはこちら

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/rilas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる