Research Institute for Letters, Arts and Sciences早稲田大学 総合人文科学研究センター

News

【7月20日(土)】研究部門「早稲田大学比較文学研究室」後援シンポジウム「破壊と視覚表象:日本近代の〈イコノクラスム〉をめぐって」開催のお知らせ

シンポジウム 破壊と視覚表象

日本近代の〈イコノクラスム〉をめぐって
Destruction and Visual Images
Looking at Iconoclasm in Modern Japan

開催日:2019年7月20日(土)
時間:14:00~17:15(13:30より受付)
会場: 早稲田大学小野記念講堂

パネリスト panelists◎日本語による報告

タイモン・スクリーチ(ロンドン大学東洋アフリカ研究学院)
Timon SCREECH, SOAS, University of London

ジェニファー・ワイゼンフェルド(デューク大学)
Gennifer WEISENFELD, Duke University

ミカエル・リュケン(フランス国立東洋言語文化研究学院)
Michael LUCKEN, Institut National des langues et civilisations orientales

丹尾 安典(早稲田大学)
TAN.O Yasunori, Waseda University

司会 chair : 向後恵里子(明星大学) KOGO Eriko, Meisei University

主催:「日本近代における〈イコノクラスム〉―破壊をめぐる視覚表象研究」推進グループ
後援:明治美術学会 早稲田大学比較文学研究室

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/rilas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる