Research Institute for Letters, Arts and Sciences早稲田大学 総合人文科学研究センター

News

研究部門「イメージ文化史」主催◆講演会「ロドルフ・テプフェールから ウィンザー・マッケイへ ――ストーリーマンガの誕生」(2017/10/24)のお知らせ

主催:研究部門「イメージ文化史」
共催:早稲田大学文学部フランス語フランス文学コース

ロドルフ・テプフェールからウィンザー・マッケイへ
――ストーリーマンガの誕生
De Rodolphe Töpffer à Winsor McCay,
naissances de la bande dessinée

日時  2017年10月24日(火) 17:00~19:00
場所  早稲田大学戸山キャンパス33号館3階 第1会議室

講演:ブノワ・ペータース(作家・BD原作者・評論家)
通訳・解説:森田直子(東北大学准教授)

日本でも話題のバンド・デシネ『闇の王国』(作画:フランソワ・スクイテン)などの原作を手がけるとともに、BD理論書、小説、評伝(エルジェ、ヴァレリー、デリダ)の執筆から映像作品の制作まで、多彩な活動で知られるペータース氏が、19世紀半ばから20世紀はじめ、欧米圏のストーリーマンガはいかにして成立したのか、多くのイラストを駆使して鮮やかに解き明かす講演会。ペータース氏の著書(共著)『テプフェール:マンガの発明』の翻訳者の一人でもあり、自らもテプフェール論を準備中の森田直子さんを通訳/コメンテーターに迎えます。

チラシ

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/rilas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる