Faculty of Letters, Arts and Sciences早稲田大学 文学学術院

For Faculty

教員向け情報

学術院日程

戸山キャンパス教員ラウンジ

授業準備(教材印刷、出席カード、貸し出し用AV機器等)や、戸山キャンパスの会議室・教室の利用等については、33号館2階の教員ラウンジにご相談ください。

■2018年度 教員ラウンジ開室日程(予定)

教務補助(TA)

文学学術院ティーチング・アシスタント(TA)業務の注意事項(学生用)
※授業TA、高度授業TAの業務従事にあたっての重要な事項です。必ずご確認ください。

勤務管理システム利用ガイド(作業従事者用)
※TA、LA、アルバイト等、すべての業務での勤務管理システム操作案内です。

科目登録アルバイト業務マニュアル (2018.2.15更新)
※業務従事にあたっての重要な事項です。必ずご確認ください。

2018年度PCTAハンドブック (2018.4.2掲載)
※業務従事にあたっての重要な事項です。必ずご確認ください。

平成30年(2018年)分扶養控除申告書 (2017.12.11掲載)
※学外の機関で働いて、すでにその機関に提出している方は、提出する必要はありません。
※学内の複数箇所で教務補助等としている場合は、各箇所に提出してください。
※平成30年(2018年)1月~12月に支払う給与に使用するものです。平成31年(2019年)以降は再度提出が必要です。

 

文学学術院ティーチング・アシスタント(TA)運用の注意事項(教員用)
※TAの業務を運用するにあたっての重要な注意事項です。必ずご確認ください。

<教務補助(TA)手配>
※教務補助(TA)の予算は論系・コース単位に割り振られております。よって、ご担当科目に教務補助(TA)を希望される場合は、科目を所管している論系・コース運営主任の先生あるいは助手の方にご相談ください。

<雇用手続き>

<集計キー/承認番号(2018年度用)>

<雇用申請書(2018年度用)>

<必要に応じて使用する書類(2018年度用)>

講義動画のご案内

文学学術院は、講義動画(45~60分の初回講義または5~10分の講義紹介動画)を導入する取り組みを2014年度から開始しました。オンデマンド化した初回講義は、通常のオンデマンド授業とは異なりCourse N@viではなく、Webシラバスから閲覧可能としております。

※スタジオ戸山は2017年9月末をもちまして、閉室となりました。今後は早稲田キャンパスのスタジオでの収録となります。

講義動画の公開により、

①学生なら誰でも登録前に受講希望科目の講義動画を視聴することができ、科目選択の参考にできます。
※講義動画は一般に公開されるものではなく、視聴にはMyWasedaへのログインが必要です。
②初回講義であれば、授業開始後に科目登録をした学生が初回講義の内容をオンデマンドで確認できます。
③初回講義であれば、教員は授業開始後1週目の当該科目の時間は大学に出講する必要がなくなります。

◇対象科目
文化構想学部・文学部・文学研究科 設置科目(必修基礎演習、卒論演習、研究指導を除く)

※講義動画 掲載科目一覧はこちらからご確認いただけます。 (一覧は随時更新されます。)

◇公開条件
Webシラバスで公開(全学生対象)
※科目登録後はCourse N@viから視聴可能(初回講義のみ)
※初回講義の出欠確認は、Course N@viレビューシートをご利用ください

様式集(教職員向け)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる