The Waseda International House of Literature (The Haruki Murakami Library)早稲田大学 国際文学館(村上春樹ライブラリー)

About Us

国際文学館について

The Waseda International House of Literature(The Haruki Murakami Library)

国際文学館(村上春樹ライブラリー)

概要

当館は、文学資料館であり、また文化交流施設です。

「村上春樹ライブラリー」の通称に示されるように、刊行された村上春樹作品をすべて―日本語・日本語以外のものをあわせて―所蔵しています。幅広い関連書とあわせて、ギャラリーなど閲覧スペースでご覧いただける蔵書が3000冊(2021年10月現在。以下も同)あります。

刊行書でも初版本など貴重なものに加えて、村上氏からの寄贈・寄託を受け、執筆関係資料、書簡、インタビュー記事・作品の書評(多数)、海外で翻訳された膨大な書籍(50言語以上)、さらに村上氏が蒐集したレコード・CDを中心に収集しています。

資料の収集・整理を、開館後も継続し、適宜閲覧に供するようにします。これが、「村上春樹文学」「国際文学」「翻訳文学」の研究の進展や、新しい表現活動の展開に寄与するようにします。

図書資料についてはWINEを利用して調べることが出来ます。また、その他の所蔵資料は館内端末の文化資源データーベースから検索いただけます。

館内施設として、最大60人収容のセミナースペースのほか、オーディオスペースや、多くの方々がご自由に利用できるカフェ、ギャラリー、ポケットパークがあります。館内利用をお手伝いするキャストがいますので、足を運んでご体験ください。

当館主催のセミナー、イベントも随時開催するほか、関連の深い企画に協力をします。

ミッション

当館は、誰もが集う「文学の家」を皆さまと創造するための施設です。

村上春樹さんの作品を愛する~ちょっと興味がある、も含みます~国内外の方々に利用していただく準備を整え、利用者みなさまの新しい発見と交流を促すことを企図しています。

キャンパスそのものをミュージアム化するという早稲田大学の目標の一つに関連して、文学を体験する場所として多くの来場者を期待しています。

運営は、早稲田大学文化推進部・国際文学館事務所が担当し、「村上春樹ライブラリー募金」で集まる寄付にも支えられて、当館所属研究者の活動を推進しています。

国際文学館顧問

ロバート キャンベル(Robert Campbell)

早稲田大学特命教授

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/wihl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる