Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

News

ニュース

研究会・ワークショップ「世界の中の和歌―多言語翻訳を通して見る日本文化の受容と変容―」(9/3)

研究会・ワークショップ「世界の中の和歌―多言語翻訳を通して見る日本文化の受容と変容―」(9/3)

発表者

土田久美子(青山学院大学非常勤講師)
フィットレル, アーロン(高等研究所講師)
飯塚ひろみ(同志社女子大学等非常勤講師)
イーブン美奈子(翻訳家)
イム・チャンス(韓国中央大学校教授)
カーロイ・オルショヤ(同志社女子大学研究生)
黄夢鴿(大阪大学大学院文学研究科博士後期課程院生)
トムシュー・アダム(立命館大学大学院修士課程修了)
ボラッチ, ダフネ(京都大学文学部学部生)
緑川眞知子(早稲田大学文学学術院等非常勤講師)
ワトソン, マイケル(明治学院大学教授)

日 時

2021年9月3日(金)10:00~17:00

会 場

ZOOMによるオンライン開催

主 旨

日本の古典和歌を他の言語に翻訳する際、言語と文化の差異について考慮する必要があることはいうまでもない。言語的特徴、詩形や文化的背景の違いがどのように翻訳に現れ、また日本の古典和歌の表現方法や詩形やさまざまなモチーフがどのように世界各国の言語に再現されたのかについて解明することが重要な課題である。こういった和歌の翻訳や文化伝達の問題に直面するのが、翻訳実践の過程においてであると思われる。そのため、本研究会の前半では、いまだに外国語訳がほぼない一首の和歌を、10ヶ国語に翻訳し、和歌の翻訳に関する展望と可能性について考える。一方、後半では、日本の古典和歌の代表的な作品のひとつであり、多くの外国語訳がある『古今和歌集』の一首の和歌の10ヶ国語への先行翻訳を見比べる。同じ和歌が異なる言語・文化に受容される際、去年の第1回の研究会と同様、受容の新たな側面が明らかになり、翻訳や文化伝達に関するいくつかの問題が浮上することが見込まれる。今回取り上げる『千載和歌集』319番歌は中世初期の歌人である慈円の作であり、当時の時間表現や鹿の音などといった日本古典和歌に特徴的な文化的要素が見出せる。また、『古今和歌集』933番歌には飛鳥川という、掛詞にもなっている歌枕(特定の連想を引き起こす、和歌に詠まれる地名)が見られ、日本古典文学の代表的なテーマである無常観が詠まれている。こういった表現や現象を切り口にして、今回の研究会において日本古典文学と日本文化の伝達について考えたい。

プログラム

10:00~10:05 開会の挨拶
10:05~11:30 『千載和歌集』319番歌の10カ国語への翻訳実践
11:30~12:30 全体討論
12:30~13:00 休憩
13:00~15:30 『古今和歌集』933番歌の10カ国語への先行翻訳の紹介
15:30~16:55 全体討論
16:55~17:00 開会の挨拶

司 会

土田久美子、フィットレル, アーロン(早稲田大学高等研究所 講師)

主 催

日本古典文学多言語翻訳研究会
早稲田大学高等研究所
スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点

共 催

早稲田大学総合人文科学研究センター
角田柳作記念国際日本学研究所・「創作と翻訳の超領域的研究」部門

申込み

事前登録が必要です。2021年8月31日(火)までに、メールで事前申込をお願いいたします。メールの件名は「研究会・ワークショップ申込」とし、メールの本文にお名前とご所属をご記入ください。ご連絡いただいたメールアドレスに、研究会前日の夜までに、参加するためのリンクをお送りします。

参加申込・お問い合わせ: koten.tagengo★gmail.com (担当:土田久美子、フィットレル, アーロン)
*お手数ですが、スパム防止のため、送信の際★を@に変えてください。

Dates
  • 0903

    FRI
    2021

Place

Online / ZOOM

Tags
Posted

Fri, 06 Aug 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる