Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

News

ニュース

ノーベル賞受賞者による特別講演会
「時空のさざなみ・重力波
~その初観測までとこれから~」
(11/25)

ノーベル賞受賞者による特別講演会
「時空のさざなみ・重力波 ~その初観測までとこれから~」(11/25)

主 催

東北大学 研究推進・支援機構知の創出センター

共 催

東北大学 宇宙創成物理学国際共同大学院
東北大学 学際科学フロンティア研究所
京都大学 基礎物理学研究所
上海交通大学 李政道研究所
早稲田大学 高等研究所

講演者

梶田 隆章(東京大学 宇宙線研究所 所長・教授)

Rainer Weiss(マサチューセッツ工科大学 名誉教授)

日 時

2020年11月25日(水)19:00~21:30

会 場

オンライン(YouTube Live、質問のある方はZoomで参加可)

主 旨

アインシュタインがその存在を予言した重力波。米国のレーザー干渉計型重力波検出器「LIGO」による2015年の初検出を導いた1人であるRainer Weiss 名誉教授 (米国マサチューセッツ工科大学)、および日本の重力波実験装置「KAGRA」を主導する梶田隆章教授(東京大学)が重力波の魅力を語ります。

プログラム

19:00~19:05 開会挨拶
       小谷 元子 東北大学 理事・副学長(研究担当)、研究推進・支援機構 知の創出センター長
19:05~19:35 講演1「ニュートリノから重力波へ
       梶田 隆章 東京大学 宇宙線研究所 所長・教授
       2015年ノーベル物理学賞受賞
19:35~19:40 休憩
19:40~20:10 講演2「重力波天文学の幕開け–現状と将来の展望について– 」
       Rainer Weiss マサチューセッツ工科大学 名誉教授
       2017年ノーベル物理学賞受賞
20:10~20:15 休憩
20:15~20:45 対談
20:45~21:25 質疑応答(事前受付)
21:25~21:30 閉会挨拶
       山口 昌弘 東北大学 副学長(教育改革、国際戦略)

申込み

以下のURLのご案内にしたがってお申し込みください。

http://www.tfc.tohoku.ac.jp/tfcfund/2020/grv/

For English: http://www.tfc.tohoku.ac.jp/junior-research-program/event/9011.html

Dates
  • 1125

    WED
    2020

Place

Online / YouTube Live、Zoom

Tags
Posted

Thu, 15 Oct 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる