Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

News

ニュース

高等研究所セミナーシリーズ 【新しい世界史像の可能性】 :「シャルトル大聖堂の南側廊高窓《Baies 48 et 46》-1194年の大火災後の再建をめぐる試論-」(12/7)

高等研究所セミナーシリーズ 【新しい世界史像の可能性】 :
「シャルトル大聖堂の南側廊高窓《Baies 48 et  46》-1194年の大火災後の再建をめぐる試論-」(12/7)

講演者 / Speaker

高野 禎子 (清泉女子大学 文学部  教授)

日 時 / Date & Time

2019年12月7日(土)14:00~17:00

会 場 / Venue

早稲田大学 戸山キャンパス 32号館 2階 229室

主 旨 / Outline

「シャルトル大聖堂の南側廊高窓《Baies 48 et  46》-1194年の大火災後の再建をめぐる試論-」

12世紀末の大火災後に再建されたシャルトル大聖堂のステンドグラスの図像分析を通じて、当時の社会的、宗教的な思想を広く検討し歴史、美術史、文学の研究者を交えた討論を行う。

司 会 / Moderator

毛塚 実江子(早稲田大学 総合研究機構 ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 招聘研究員)

対 象 / Prospected Audience

大学院生・教職員・一般

主 催 / Organizer

早稲田大学 高等研究所

共 催/ Co-organizer

早稲田大学 総合研究機構 ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所

申込み / Registration

事前申込み不要です。直接会場にお越しください。

ポスター / Poster

こちらをご覧ください

Dates
  • 1207

    SAT
    2019

Place

早稲田大学 戸山キャンパス 32号館 2階 229室 

Tags
Posted

Fri, 15 Nov 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる