Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

News

ニュース

高等研究所セミナーシリーズ 【新しい世界史像の可能性】「ルネサンス期ヨーロッパにおける魔女表象と社会の変容」(9/22)

高等研究所セミナーシリーズ 【新しい世界史像の可能性】
「ルネサンス期ヨーロッパにおける魔女表象と社会の変容 」(9/22)

講演者 / Speaker

黒川 正剛 (太成学院大学 人間学部  教授)
田島 篤史 (大阪市立大学 都市文化研究センター  研究員)
小林 繁子 (新潟大学 人文社会科学系  准教授)

日 時 / Date & Time

2018年9月22日(土) 14:00~17:30

会 場 / Venue

早稲田大学 戸山キャンパス 39号館 6階 第7会議室新規ウィンドウが開きます

主 旨 / Outline

「魔女」の表象は、学識者の著作の中に、あるいは視覚的芸術作品の中に、あるいは雑多な印刷物の中に、人々の噂話の中に再生産され続けた。それらはイマジネールにとどまらず魔女裁判という実践に結晶化し、同時代の人々に「魔女」表象をさらに強く印象付けることになった。本シンポジウムでは3名の報告者がそれぞれの関心から表象と実践との間の交渉を論じる。黒川報告は絵画や木版画から魔女イメージを析出し、その受容と変形を「身体と感情」をキーワードに分析する。田島報告は都市における魔女裁判の中に見られる学識者による悪魔学書の影響とそこに見出される近代性の萌芽を論じる。小林報告は「魔女」だという中傷に対する名誉棄損訴訟をとりあげ、近世に生じた司法を利用した和解への戦略をさぐる。

プログラム / Schedule

14:00-14:45  報告1: 黒川 正剛 「変容する魔女表象―身体と感情をめぐって」
14:45-15:30  報告2: 田島 篤史 「帝国都市ニュルンベルクの魔女裁判にみる悪魔学的要素と萌芽的近代性」
15:30-15:45  休憩
15:45-16:30  報告3: 小林 繁子 「名誉をめぐる攻防―「魔女」の名誉棄損訴訟と司法利用の戦略」
16:30-17:30  質疑と討論
17:30  閉会

司 会 / Moderator

高津 秀之 (東京経済大学 経済学部  准教授)

コーディネーター / Coordinator

甚野 尚志 (早稲田大学 文学学術院  教授)

対 象 / Prospected Audience

教職員・大学院生・学部生

主 催 / Organizer

早稲田大学  高等研究所

共 催/ Co-organizer

早稲田大学 ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 (第9回シンポジウム)

申込み / Registration

事前申込み不要です。直接会場にお越しください。

ポスター / Poster

こちらからご覧ください。

Dates
  • 0922

    SAT
    2018

Place

早稲田大学 戸山キャンパス 39号館 6階 第7会議室

Tags
Posted

Mon, 06 Aug 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる