Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

News

ニュース

(イベント) 畳み込みニューラルネットワークによる相転移の検出 (1/23)

畳み込みニューラルネットワークによる相転移の検出 (1/23)

講演者
Speaker
田中 章詞 氏
(理化学研究所  理論科学連携研究推進グループ  分野横断型計算科学連携研究チーム  長瀧天体ビッグバン研究室  基礎科学特別研究員)
日 時
Date & Time
2017年01月23日(月) 16:30~18:00
会 場
Venue
早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館 405号室 PDFファイルを開きます
主 旨
Outline
機械学習の分野において、ニューラルネットワークを用いた勾配法による学習の方法が劇的に進歩してきており、多くの学習データが比較的手に入りやすいタスクである画像認識や自然言語処理などに応用されてきています。一方で、多くのデータの中から意味のある量を発見するという行為だけを切り取ってみると、機械学習の方法は物理学、とりわけ統計力学を始めとする、多体系の問題を解くのに応用できそうだというのは自然な発想だと思われます。実際、様々な成果が既に発表されており、例えば機械学習の方法を用いることで人間の目には区別できない異なる2つの物理系の状態を区別することなどが可能になってきています。さらに我々はもう少し踏み込んで、ニューラルネットワークが理論物理的な概念を習得できるか、という問題に簡単な例(2次元イジング模型)を用いて取り組みました。その結果、畳み込みニューラルネットワークと呼ばれるモデルならば、事前に対称性などの情報を教えることなしに相転移を自動的に”発見”できるということに気付きました。

本講演では、このことに加えて、ニューラルネットワークの設計と学習を実装するためのpythonライブラリの使い方も説明します。

この講演はCCNUの富谷昭夫さんとの共同研究arXiv:1609.09087に基づきます。

対 象
Prospected Audience
学部生・大学院生・教職員・学外の方・一般の方
参加方法
Registration
入場無料。直接会場へお越し下さい。
主 催
Organizer
科学研究費助成事業基盤研究(B)
量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代」(代表:大関真之)
共 催
Co-organizer
 早稲田大学高等研究所
担当教員
Contact
田中 宗 (早稲田大学高等研究所)
Dates
  • 0123

    MON
    2017

Place

早稲田大学 早稲田キャンパス3号館 405号室

Tags
Posted

Fri, 06 Jan 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる