Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

レスリング部・須崎優衣 早大生としての誇りを胸に東京2020大会で「金」を取る

「応援してくれた人や支えてくれた人に恩返しを」

レスリング部
スポーツ科学部 4年 須崎 優衣(すさき・ゆい)

アジア予選にて東京2020オリンピック代表内定を決め、笑顔で金メダルを持つ須崎選手

2021年4月に開かれた東京オリンピック・アジア予選で、レスリング女子50キロ級の東京2020オリンピック日本代表に内定した早稲田大学レスリング部須崎優衣選手。実は、代表内定までの道のりは険しく、2019年には一時出場が絶望的に。それでもあきらめずに練習に励み、代表の座をかけたアジア予選への出場権を手にしますが、今度は新型コロナウイルス感染症拡大により、アジア予選、そして東京2020オリンピックの延期に直面することとなりました。そんな度重なる困難を乗り越えて見事代表内定を勝ち取り、さらに八村塁選手(バスケットボール男子代表)と共に日本選手団の旗手という大役に抜擢された須崎選手に、当時の思いや早稲田大学を選んだ理由、そして東京2020オリンピックに向けた意気込みなどを聞きました。

――まずは、日本代表に内定したときの心境を教えてください。

ようやく東京オリンピックへの切符を手にすることができ、安堵(あんど)すると同時に「必ず金メダルを取るぞ」という思いが一層強くなりました。小学生の時から、憧れの吉田沙保里選手のようにオリンピックの金メダリストになりたいと思っていましたが、中学生の時に東京でオリンピックが開かれることが決まり、その瞬間に「東京オリンピックに出場して金メダルを取る」と決意しました。それからずっと、そのことを目標に練習を続けてきたので、必ず達成したいです。

東京オリンピック・アジア予選では無敗無失点で優勝した

――代表内定に至るまでは、長くて険しい道のりだったのですよね。

2019年12月の天皇杯レスリング全日本選手権で優勝。表彰式で観客席に手を振る様子(写真提供:共同通信)

2017年、2018年の世界選手権では2連覇を達成しましたが、2019年は7月の国内の代表争いで入江ゆき選手(自衛隊)に敗れ、オリンピック代表がかかる9月の世界選手権への出場はかないませんでした。これにより、オリンピック出場の可能性は限りなくゼロに近くなったんです。私にとって人生のどん底と言える経験でした。

それでも家族や友達、レスリング部の部員など、たくさんの人に支えられ、励まされ、「0.01%でもオリンピック出場の可能性が残っているなら、それに賭けてみよう」と、気持ちを切り替えることができました。試合に敗れた時、母から「よく頑張ったね。優衣のおかげですてきな経験をたくさんさせてもらったよ。ありがとう」と言われ涙があふれ出ました。世界中のファンの方からも「まだあきらめないで!」と声を掛けていただき、「ここでは終われない」と思いました。

 

 

2019年6月、全日本選抜選手権の決勝でリオデジャネイロオリンピック金メダリストの登坂絵莉選手(左)を破って優勝。2019年は登坂選手と2度対戦。どちらも須崎選手が勝利した(写真提供:共同通信)

そんな中、その世界選手権で入江選手が3回戦敗退を喫し、代表争いは白紙に戻ったんです。強い思いで臨んだ2019年12月の天皇杯では、リオオリンピック金メダリストの登坂絵莉選手と入江選手に勝つことができ優勝。オリンピック代表の座をかけたアジア予選への出場権を獲得することができました。

2019年12月、天皇杯最終日。決勝で入江ゆき選手(左)と対戦する須崎選手(写真提供:共同通信)

ところが、新型コロナウイルス感染症拡大により、2020年2月に予定されていたアジア予選は延期、東京オリンピックも1年延期されることとなりました。オリンピックが延期されると聞いたときには、2020年に向けて調整をしていたので戸惑う気持ちもありましたが、「この1年間でもっと強くなろう」と、すぐにプラスに捉えることができました。その間、新しい技に挑戦したり、レスリングの楽しさをあらためて実感したりすることができ、自分にとっては貴重な1年間だったと思います。

――困難を乗り越えて東京2020オリンピック代表の座をつかんだ須崎選手ですが、レスリングを始めたきっかけは何だったのでしょうか。

レスリングをしていた父の影響を受け、小学1年生の時に習い始めました。姉もレスリングをやっていて、中学1年生までは父に教えてもらったり、姉と一緒に練習したりしていました。父からは強い気持ちを持つことや勉強をすることの大切さ、レスリングができる環境があるのは周りの人たちのおかげであり、当たり前ではないということ、そして感謝の気持ちを持つことを教わりました。今でも父の教えは胸に刻んでいます。

2019年12月、天皇杯優勝時に家族で撮った1枚

――なぜ早稲田大学へ進学したのですか。

祖父や父、姉、そして幼いころ通っていたレスリングクラブの渡部弘道監督と、身近に早稲田出身者が多く、小さい頃から早稲田大学に憧れを抱いていたことが理由の一つです。また、高校生の時、早稲田大学レスリング部の出稽古に参加させていただいたことがあったのですが、その時感じた部内の雰囲気や、選手一人一人の意識の高さから、「この環境で練習したらきっと強くなれるだろう」と思いました。「東京オリンピックに出場して金メダルを獲得するという夢をかなえるには、この歴史と伝統ある早大レスリング部が一番だ」と考え、早稲田大学への進学を決めました。

実際、早稲田に入って本当に良かったと思っています。レスリング部では、部員同士が切磋琢磨(せっさたくま)しながら成長することができます。それぞれが目標に向かって頑張れる最高の環境ですし、各部員の活躍は、私にとって大きな力になっています。みんな優しくて仲も良く、温かいチームなんですよね。2019年の天皇杯決勝戦では、多くの部員がマットに近い席に来て応援してくれました。緊迫した戦いでしたが、マットに上がる前にみんなの顔を見て、「大丈夫だ、いける!」と自信を持って試合に臨むことができたんです。勝てた時は本当にうれしかったですし、オリンピック代表に望みをつなぐ優勝だったので、応援してくれたみんなには感謝の気持ちでいっぱいでした。今年4月に日本代表内定を決めた時も心から喜んでくれました。

2021年5月、レスリング部の同期と撮った1枚(左端が須崎選手)。同部は1931年にレスリングの父、八田一朗によって創部された日本レスリング最古かつ発祥の部

――世界で活躍する須崎選手。学業との両立も大変なのでは? どんな学生生活を送っているのでしょうか。

大学では、心理学やスポーツビジネスなどの授業を履修し、石井昌幸先生(スポーツ科学学術院教授、競技スポーツセンター所長)のゼミに所属して、国際スポーツ文化について学んでいます。スポーツ科学部での学びは、あらゆる場面で競技に生かせていますし、セカンドキャリアを考えたときにも、早稲田で学んだことは必ず役に立つと思っています。

学業と競技の両立という点では、コロナ禍前は、朝練習の後大学に行き、帰って来てまた練習、というスケジュールで、通学中に本を読んだりレスリングの映像を見て研究したりと、時間を無駄にしないようにしていました。現在は4年生で授業数も少なく、場所を選ばす受講できるオンライン授業もあるので、オリンピックに向けてより練習に集中することができています。

1年次の「スポーツ教養演習」にて。(所沢キャンパス、右端が須崎さん)

――最後に、東京2020オリンピックへの意気込みや、応戦している人たちへのメッセージをお願いします。

今まで応援してくれた人や、支えてくれた家族、友達、監督、コーチ、仲間全員に恩返しするために、金メダルへの強い気持ちを持っています。東京オリンピックでは今まで練習してきたことを信じて、私らしく、強気の攻めるレスリングで、絶対に金メダルを獲得したいです。私が出場する女子最軽量級は、オリンピックで日本人選手の金メダル獲得が続いています。自分もその伝統を受け継ぐのだと心に決めていますが、プレッシャーは感じていません。むしろ楽しみでワクワクした気持ちの方が強く、早く試合がしたいと思っています。タックルで豪快にポイントを取ったり、相手と駆け引きしながら技を繰り広げ合ったり、選手のスタイルがプレーに表れるところがレスリングの魅力です。早大生としての誇りを胸に全力で戦いますので、応援をよろしくお願いします!

高校の親友とのツーショット。2019年、東京2020オリンピック出場が危ぶまれた時には、家族や友人たちをはじめ、周りの人の支えで前向きになれたという

第793回

取材・文:早稲田ウィークリーレポーター(SJC学生スタッフ
政治経済学部 3年 山本 皓大

【プロフィール】

千葉県出身。安部学院高等学校卒業。「レスリングは一度も辞めたいと思ったことがないほど好き」という。思い出の試合は、世界の舞台で初優勝した高校3年次の世界選手権。「オリンピックでも同じ景色を見たい」と、得意とする組み手からのタックルや、グラウンド(寝技)での得点力に磨きをかけ、最高の状態で本番を迎えられるよう準備している。ライバルは「戦う相手全員」。「1試合、1試合、誰が相手でも集中して勝ちにいく」と意気込む。日々レスリングに関することを総合的に書き留めているレスリングノートに、心構えやすべきことをまとめるのが試合前のルーティン。趣味はグラノーラを食べることと、ASMRの動画を見ること。

Twitter:@yui0630susaki
Instagram: @yui106301susaki

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる