Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

【大学で働く学生】国教2年 チョウ・ジーイン「窓口で臨機応変に対応」

「学生参画・スチューデント・ジョブ」スタッフの横顔

学生生活課SJC学生スタッフ  国際教養学部 2年 チョウ・ジーイン

大学で重要な役割を担っている、キャンパスで学び、働く学生たち。実際の「学生参画・スチューデント・ジョブ(※1)」にはどのような学生が、どのようなスケジュールで携わっているのか、彼らの横顔を紹介します。今回は国際教養学部に所属し、学生生活課SJC学生スタッフとして働く、シンガポール出身のチョウ・ジーインさんです。厚生デスクのスタッフとして学生を身近で支えるチョウさんの日常を紹介します。

※1)寮生活する学生を 支援する「RA(レジデント・アシスタント)」や、「キャンパスツアーガイド」として、大隈記念講堂など大学の各施設を紹介する学生の他、講義が行われている教室では、障がい学生支援室の有償ボランティアが目や耳が不自由な学生のために教科書代読・ノートテイクなどのサービスを提供しています。科目登録など新入生の大学生活をさまざまな面でサポートする「こうはい ナビ」スタッフ、海外留学を希望している学生の相談に乗る学生留学アドバイザーなどがあります。

Q. スチューデント・ジョブにはいつから関わるようになりましたか?

学生生活課SJC学生スタッフとして働き始めたのは、今年の1月からです。

Q. スチューデント・ジョブを始めたきっかけは何ですか?

SJC学生スタッフとして働いていた同じ学部の友人に話を聞いて学生生活課の仕事に興味を持ち、以前から身近に感じていました。既に家庭教師のアルバイトをしていたので、自分のスケジュールに合わせて無理なく働けるアルバイトを探していたところ、MyWasedaで求人情報が掲載されているのを見て、語学力など自分のスキルを生かせると思い、応募しました。

Q. スチューデント・ジョブではどんな仕事をしていますか?

学生生活課で厚生デスクの学生スタッフが行う仕事は、主に2種類あります。一つは、窓口に訪れる学生に医療費給付など各種制度に関する案内をしたり、申請書類を受理してその処理をする仕事です。もう一つはSJCが実施するイベントの企画や運営、広報を行う仕事です。

Q. スチューデント・ジョブに参加するようになって感じたことを教えてください。

これまでは一人の学生として窓口の外から大学や学内のサービスを見て利用する立場でしたが、スチューデント・ジョブに参加するようになり、「窓口の中の人」になりました。窓口ではいつ、どんなことを聞かれるのかが分からず、臨機応変に対応しなければなりません。そんな中、さまざまなお問い合わせに応えるたびに、自分が早大生の役に立っていると感じることができます。

また、SJCでは「ワセ会議」という、学生から大学への提案を募集するイベントを年に数回実施しており、その企画運営から提案の実現まで取り組んでいます。前回のワセ会議で「学生会館の構造が複雑すぎて迷いやすいので、案内表示を増やしてほしい」という意見が上がり、私は案内表示の作成と掲示を任されました。将来、私が早稲田大学を離れた後も、自分が作った案内表示が学生会館に残り、館内で迷ったり困ったりしている学生の助けになることを考えると、学生生活課SJC学生スタッフは、人の役に立っていることを実感できる仕事だと感じています。

チョウさんが作成した学生会館の案内表示

Q. 学業とスチューデント・ジョブ、サークル活動など、複数のことを両立させるために、どのような工夫をされていますか?

特に工夫していることはありません。学生の本業は勉強であることを十分に考慮していただいた勤務スケジュールを組んでもらっています。空きコマだけ、週に1回だけでも働くことができ、学業とスチューデント・ジョブの両立がしっかりできています。

Q. スチューデント・ジョブについて、足りない部分、大学側に提言したい部分はどのようなことでしょうか。

大学側にもっとスチューデント・ジョブの知名度を上げてほしいです。「こんなに素晴らしいイベントがあるのに、こんなにいいアルバイトがあるのに、知らない人が多くてもったいない!」と心の底から思います。もし知名度が上がったら、私たちが考えた企画やイベントへの参加人数が増え、大学に対する影響や効果も瞬時に高まると考えます。また、同時にスチューデント・ジョブに応募する学生ももっと増えるでしょう。その中から厳選して学生スタッフのレベルを上げれば、最終的には企画の質もアップすることにつながると思います。

Q. 今後の抱負や、チャレンジしようと思っていることを聞かせてください。

秋学期よりダブルディグリープログラムで北京大学に行く予定です(現時点では候補生)。北京では1年間しっかり勉強し、よりメンタルの強い人間になりたいと思っています。卒業時に早稲田大学の学位に加えて北京大学の学位も取得できるように、所定の条件をきっちり満たせるように頑張ってきます。

厚生デスク学生スタッフのメンバーと(後列左から3人目がチョウさん)

 Q. 大学や外部団体から奨学金は取得していますか?取得している場合、具体的な奨学金の名称・金額を教えてください。

3月までは文部科学省の外国人留学生学習奨励費(月額48,000円)を取得していました。2019年度については現在選考中です。

授業期間中の1週間の過ごし方


※クリックで拡大

【SPEC活動紹介】

国際交流について話し合おう 6月28日(金)4限「第1回ワセ会議2019」開催

学生参画活動を通じ大学改革へ SPEC、オープンキャンパスで初企画

「ストレスバスター」で試験勉強のストレスを吹き飛ばしました

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる