Waseda Weekly早稲田ウィークリー

特集

ダンスも音楽もお笑いも絵も 早大サークルがオンラインで示した底力

早稲田大学では春学期中の対面での課外活動の禁止が決まっており、4月の新歓に引き続き、公認サークルが日頃の練習の成果を披露する「早稲田学生文化・芸術祭(以下、文芸祭)」(例年6月開催)も中止となりました。対面での活動が行えないことで新会員の確保が難しく、もどかしい状況が続く中、SNSやZoomなどのオンラインツールを使ってこの窮状を乗り切ろうというサークルも出てきています。本来であれば今年の文芸祭に出演する予定だった4サークルに、自粛期間の取り組みについて寄稿してもらいました。

▼下駄っぱーず

▼早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブ

▼お笑い工房 LUDO

▼絵画会

下駄っぱーず

「サークル員62人全員の思いを込めた『おうち時間動画』で全早大生を笑顔にします!」

例年、兵庫・新潟への遠征でアツい夏を過ごします

広報担当 文化構想学部 3年 星野 歩華(ほしの・あゆか)

「早稲田の踊る下駄集団! We are 下駄っぱーず!」

私たちは下駄を履いて踊る、世界でも唯一無二のダンスパフォーマンスサークルです。「下駄っぷ」(下駄×タップ)で音を響かせ、ロックやジャズなどさまざまなジャンルを踊ります。また、毎年1曲オリジナル曲も作成しており、例年は新歓パフォーマンスでお披露目しています。今年も2020年度新曲『笑門来福』をお披露目予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまいました。

現在活動できない日々が続いていますが、逆境を力に変え、下駄っぱーずではオンライン上でさまざまな取り組みを行っています。新入生向けには、Zoomで説明会や交流会を行い、新歓に向けて準備を重ねています。また現役メンバー同士では、『笑門来福』およびオープニング曲のお披露目に向けて、週2回Zoom練習を行い、活動再開に向けて今できることに日々励んでいます。このようにメンバーと定期的にコミュニケーションを取ることで、下駄っぱーずの魅力であるぬくもりのある雰囲気を作れるよう工夫をしています。

週2回のZoom練習は毎回ほぼ全員が出席します。皆で一緒に準備体操から始めます

中でも注目していただきたいのが、メンバー62名全員がそれぞれの家で踊り撮影した「おうち時間動画」です。まずは自分たちが楽しむことで、お世話になっている地域の方々、OB・OG、そして同じような気持ちを抱える全早大生に元気をお届けしたい! という思いから誕生した企画です。家の中で踊るには、私たちのアイデンティティである下駄を履くことは到底かないません。そのため動画では「ダンス」ではなく「音を奏でる」ことにフォーカスして、通常はドラム音のところを下駄の音に置き換えてリズムを刻んでいます。

また、ダンスサークルではありますが、下駄っぱーずにはさまざまな趣味・特技を持つ人が多くいます。そこでおうち時間を活用して、ピアノ・歌・編集などにも自分たちでチャレンジして一から作り上げました。このように「今だからこそできること」に焦点を当てて、全く新しいパフォーマンス動画が完成しました。SNSで新入生をはじめとする多くの早大生、さらには全国の大学生の皆さんから大きな反響を頂くことができ、大変うれしく思っております。また「下駄っぱーずchannel」という、私たちの普段の様子を知っていただけるYouTubeチャンネルが2年ぶりに復活しました。こちらでおうち時間企画の裏側に迫った動画を配信します。ぜひ併せてご覧ください。

「おうち時間動画StaRt」サークル員62人全員が勢ぞろいする瞬間は壮観です

私たちの笑顔で皆さんに少しでも前向きな気持ちをお届けできるよう願って、これからも下駄っぱーずはさまざまなことにチャレンジし続けます。

幸せと思える貴重な時間を一緒に過ごしましょう!

【公認サークル情報】
◆サークル名:
下駄っぱーず
◆団体区分:
同好会
◆サークル創立年:
2008年
◆ジャンル:
ダンス
◆構成人数:
62人
◆活動日時(平時の場合):
月・水・金曜日 19:00~22:00
◆活動場所(平時の場合):
学生会館・新宿区の施設など
◆新歓Twitter:
@getashinkan20
Instagram:
@getappers

早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブ

「情報満載のWebサイトやZoom説明会でニューオーリンズジャズの魅力を伝えてます!」

12月に行うリサイタルは1年間の集大成です

新歓担当 文学部 3年 平藤 慧(ひらふじ・けい)

早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブ(通称:ニューオリ)は、ジャズ発祥の地、米国・ニューオーリンズで生まれたジャズを演奏するサークルです。最初期に生まれた古い音楽から、現代のプレイヤーたちが切り開いている新しい音楽まで、さまざまなスタイルを研究しています。ニューオーリンズジャズは自然と踊り出したくなるような明るく楽しい曲調と、親しみやすさが魅力です。

普段の活動の基本は、週に1回の練習です。学生会館にある部室に集まって、バンドごとに練習をしています。他にも定期的なオーディション(部内講評会)などの活動を通してお互いに高め合いながら活動をしています。現在はこうした活動はできていませんが、再開を目指して、在宅でできることを工夫しながら行っています。

現在メインの活動となっているのはTwitterを中心とした、オンラインでの新歓活動です。「初めてニューオーリンズジャズに触れる方にも伝わりやすく」「直接会えなくても雰囲気が伝わるように」心掛けています。例えば、お勧めの音源をまとめたWebサイトには、各楽器のソロが始まるタイミングや、サークル員の個人的な感想など、ジャズを聴き慣れていない方でも音源を楽しんでもらえるような工夫があります。また、より詳しくニューオリを知っていただくため、Zoomでの説明会も開催しました。

Webサイトにはサークル員お勧め動画を聴き所付きでリンクしていますので、ぜひ参考にしてください

サークルを探している新入生の皆さんは、不安な気持ちが大きいと思います。しかし、各サークルがオンライン活動に力を入れている今年だからこそ、手に入りやすい情報もあります。私たちも秋の新歓に向けて引き続き新歓Twitterでさまざまなコンテンツを発信していく予定ですので、興味を持っていただいた方はぜひチェックしていただければと思います。

平時には西荻窪のミントンハウスにて月に一度ライブを行います

【公認サークル情報】
◆サークル名:
早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブ
◆団体区分:
学生の会
◆サークル創立年:
1957年
◆ジャンル:
音楽
◆構成人数:
57人
◆活動日時(平時の場合):
随時
◆活動場所(平時の場合):
学生会館B116室
◆Twitter:
@NOJC_WASEDA
新歓Twitter:
@nojc_shinkan20

お笑い工房 LUDO

「質問箱で素朴な疑問は解消、ネタ動画配信で実力お見せしちゃいます!」

「早稲田祭2019」で披露したトリオでのコントの様子

幹事長 社会科学部 3年 西 大輝(にし・ひろき)

お笑い工房 LUDOの活動内容は、主に月1回のお笑いライブ開催と、ライブに向けたネタ見せです。そこでは、ライブで披露するネタの質を上げるため、会員みんなでネタについてアドバイスをし、共有します。そして、演者とスタッフ一丸となって一つのライブを創り上げます。全員の努力が結集したライブは、自画自賛ですが非常に魅力的であり、私たちはそれを楽しみに活動しています!

さて、今年の活動は新型コロナウイルスの影響で変更を余儀なくされています。夏までライブは中止になり、新歓活動も通常通りできなくなりました。そこで現在、私たちは、SNSを使った新歓活動に力を入れています。主な取り組みは①質問箱、②ネタ動画配信、③Zoom新歓の三つです。

質問箱とは、Twitter上で質問できるシステムのことです。新入生からサークルについて気になることや質問を募り、どんどん答えていきます。

ネタ動画配信では、サークル会員が過去に披露したネタをTwitterにアップし、新入生が見られるようにしました。どんなネタを作っているのか、ネタのレベルはどうなのか、チェックできるようになっています。

Zoom新歓とは、通常の新歓活動をオンラインで行うものです。新入生にとって、サークル員のことや、サークルの雰囲気も知ることができる機会となっています。

Zoom新歓では、いくつかに部屋を分け、サークル員と新入生がそれぞれ5人くらいずつで会話を楽しめるように工夫しました

有り難いことに、①②③共に、多くの人にアクセスいただいております! また、新歓活動だけでなくサークル内でも、限られたコミュニケーションの中で、会員同士Zoom上でしゃべったり、ネタ作りをしたりしています。

新入生の皆さん、課外活動が再開できたら必ず新歓ライブを行い、もう一度新歓します。新入生の皆さんも不安があるとは思いますが、焦らずに! 興味があれば、取りあえずLUDOの公式Twitterをフォローしてみてください。 新入生の皆さんとライブを創っていくことを楽しみにしています!

2019年12月に早稲田小劇場どらま館で実施した定期ライブ

【公認サークル情報】
◆サークル名:
お笑い工房 LUDO
◆団体区分:
同好会
◆サークル創立年:
1998年
◆ジャンル:
舞台芸術
◆構成人数:
80人
◆活動日時(平時の場合):
水曜18:30~・土曜16:30~
◆活動場所(平時の場合):
学生会館
◆Twitter:
@wasedaLUDO
Instagram:
@owaraikoubouludo

絵画会

「SNSで公募した作品で新歓展を開催、オンライン上でのデジタル絵描き講座もやってます!」

幹事長 基幹理工学部 3年 永島 督士(ながしま・まさと)

私たち絵画会は「自由にアートを楽しむ」を理念に活動する芸術系サークルです。主な活動として、週2回の全体活動・月1度の展覧会を行っています。

全体活動は火曜日・金曜日の15:00~19:00に学生会館W402で行っています。油彩・水彩・アクリル・デジタルなどの画材はそろっているので、全体活動に何かを準備する必要はありません。また、基本的に全体活動は自由なので、ここでは制作以外にも課題や雑談などを行う人も多いです。

展覧会はサークル独自で行う単独展と、他大学と行う合同展の2種類があります。単独展はテーマ・内装の設定を自分たちで決められ身内のみで行えるので、和気あいあいと取り組めます。一方、合同展は規模が大きく、多くの作品を見ることができるので、アート制作の参考になることが多いです。もちろん、展覧会に作品を出すのは強制ではないので、自分のペースで作品を制作したい人も楽しめると思います。

2019年度単独展会場の様子

新型コロナウイルスの影響で対面の交流が行えないので、今年はオンラインで新歓活動をしました。幸い、私たちは個人でも活動できるサークルなので、オンラインでもそれなりに新歓イベントを企画・運営することができました。

従来の新歓コンパの代替案として、Zoom新歓を行いました。同時にしゃべれないZoomは人数が多いと話しにくいので、少人数にグループ分けして開催しました。やはり、例年に比べるとやりにくい部分はありましたが、大人数でのリモートと比べるとかなりしゃべりやすかったです。

新歓展はサークル会員と新入生が応募できる展覧会です。SNSに応募用Googleフォームのリンクを載せて誰でも作品を提出できるようにし(未入会でもOKとしました)、募集した作品をSNS上で公開しました。当初はサークルに慣れない新入生から作品を集められるか不安でしたが、多くの作品を展示することができました。

サークルの公式Instagram上で行った新歓展。新入生も積極的に作品を応募してくれました

デジタル絵講座は例年開催している油彩講座の代替案として副幹事長が行ったアート講座です。CLIP STUDIO PAINT というアプリで、セットアップ、RGB、ブラシの違いなどを説明しました。私も参加しましたが、初心者には理解しにくい色相・明度・彩度が分かりやすく解説されていて面白かったです。

デジタル絵講座で副幹事長がCLIP STUDIO PAINTを使って描いたドラゴン(左)、デジタルカラーの説明で使用したサンプル画(右)

絵画会はサークル会員のアートライフとキャンパスライフの二つを尊重するサークルです。制度から見ても、雰囲気から見ても、過ごしやすいサークルだと思います。初心者の方、理工生の方、大学生なら誰でも歓迎しています。興味のある人はぜひ、活動が再開したのちに見学に来てください。

【公認サークル情報】
◆サークル名:
絵画会
◆団体区分:
学生の会
◆サークル創立年:
1972年
◆ジャンル:
美術
◆構成人数:
約35人
◆活動日時(平時の場合):
火曜・金曜 15:00~19:00
◆活動場所(平時の場合):
学生会館W402
◆Twitter:
@kaigakai
Instagram:
@kaigakai

公認サークル検索

オンライン上で多彩な活動を展開しているサークルは、今回取り上げた団体以外にもたくさんあります。早稲田ウィークリーの「早稲田大学公認サークルガイド」では早稲田大学にある約550の公認サークルの活動概要を紹介し、WebサイトやSNSのリンクも貼っています。関心のあるジャンルやキーワードで検索できますので、サークル選びにぜひ活用してください。

早稲田大学公認サークルガイド

今後の課外活動について―学生生活課より―(6/15時点)

皆さんの課外活動については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら当面の間は自粛を継続せざるを得ません。しかしながら、「新しい日常」への移行に伴い、ソーシャルディスタンシングの徹底や「3つの密」を回避するなどの感染予防対策を行った上で、課外活動の限定的な再開や学生会館等の関連施設の利用について、段階的に決定していく予定です。再開を決定次第、皆さんにその内容を周知しますので、引き続き早稲田大学Webサイト学生部Webサイトを頻繁に確認してください。一方で、報道されているとおり第2波、第3波の感染拡大が今後起きる可能性もあります。緊急事態宣言は解除されましたが、早稲田大学への登校を含め不要不急の外出は控えるとともに、学外施設等における課外活動やコンパ、打ち上げ等は一切行わないようにしてください。

【次回フォーカス予告】6月22日(月)公開「医療費給付特集」

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる