Waseda Weekly早稲田ウィークリー

キャリアコンパス

“知る人ぞ知る”優良BtoB企業を見つけよう

有名大企業との違い―企業・業界研究―

まずは新たな視点を持つことが必要

たくさんの企業の中から“本当の”優良企業を選ぶには…

今回のテーマで扱う「優良企業」とは、誰もが名前を知っている「有名大企業」のことを言っているのではありません。有名企業でかつ優良な会社であれば、それは多くの就活生が知るところであり、内定を得る上では志望者数も多く、狭き門となっています。これから就職活動を始める皆さんにとって、そんな有名大企業を狙ってアプローチすることと同じくあるいはそれ以上に、知名度は高くなくても“知る人ぞ知る”とされている、業績などから優良と認められる企業を探すことも非常に重要です。就活生が企業・業界研究をするにあたり、視点を変えてみるべきことの一つとして、知られざる企業に目を向け、見つけてみる、ということが挙げられます。

企業選びの視野を広げる

このような話をすると、学生から「名前が知られていない会社で良い会社なんて、本当にあるのですか?」ということを尋ねられます。

そこで皆さん、知っている企業の名前を何も見ずに書き出すということをやってみてください。そこでリストアップされるのは、積極的にテレビCMを流している企業や、普段皆さんが身近に使っている製品やサービスを展開している企業であり、多くの人が作成するリストには共通する企業名が並ぶと予想されます。いわゆる「BtoC企業」と言われる会社が、テレビCMを流す企業の典型ですが、この「BtoC(Business to Consumer)」とは、企業対消費者の取引を指します。

しかし、日本経済を支えているのは、一般の消費者を相手に製品・サービスを提供しているBtoC企業だけではありません。むしろ「BtoB企業」、つまりBusiness to Business=対企業向けの取引を行っている企業こそが、経済や社会そのものを根底から支えていると言うことができます。私たちが普段広告などで目にする商品・サービスは、一般消費者向けに作られたBtoCのものがほとんどであるのに対し、市場規模が大きいのは圧倒的にBtoBの取引なのです。

名の知られていない優良BtoB企業に着目しては?

自動車産業を例に取ると、トヨタ自動車は部品を組み立てて完成させた車を消費者に販売する、日本を代表する大企業ですが、トヨタ車を構成しているパーツや内装の素材を作っているメーカーは無数に存在します。各部品メーカーがパーツをトヨタに納品するのがBtoB取引です。このことだけでも、有名大企業であるBtoC企業に対して製品を納入するBtoB取引が、とても大きな市場を形成していることが容易に想像できます。

また、いわゆるIT、ICT 業界でも多くの企業はBtoB取引で収益を得ており、製造業・流通業・通信業・小売業・サービス業、その他あらゆる業界や、場合によっては政府や自治体を顧客として、それぞれの企業のビジネスまたは社内プロセスなどを支えるシステムやネットワークインフラを提供しています。

さらに、企業の事業戦略や人材戦略、社員育成などの助言・支援を行うようなコンサルティング業界も、BtoBの形でサービスを提供している業界と考えてよいでしょう。

これらはほんの一例ですので、皆さんでもこういった視点で周囲の会社を見直してみてはいかがでしょうか? 身近にある数々の売れ筋商品を販売している企業のみに注目するのではなく、その商品を製造するための原材料や部品を供給している企業、商品を製造、市場に展開し消費者の元に届くまでの過程のどこかを支えている企業、言い換えれば、顧客となる企業の「強み」や「価値」を高めることに貢献している企業にまで目を向けてみることで、就職先の候補として考えられる企業の幅はぐっと広がるはずです。そしてそういったBtoB企業の中には、順調に利益を上げている企業、全世界的にも高い競争力を持っている企業もたくさんあるのです。

優良企業探索のために役立つ書籍

『就職四季報』(東洋経済新報社)

『会社四季報』(東洋経済新報社)

知られざる優良企業を調べる方法として、まずは『就職四季報』『会社四季報』を手に取ってみましょう。これらは企業のカタログ、あるいは辞書に相当するものです。これらの読み解き方を解説した書籍も出版されていますので、下記の参考図書も併せてご覧ください。

また、CSR(企業の社会的責任)の視点から書かれている書籍も活用してみましょう。CSR活動(社会貢献活動など)に力を入れられる企業は、利益があり、企業体力もある会社といえます。利益が少なく余裕がない会社であれば、CSR活動に力を入れることはできないからです。

下記の参考図書は全てキャリアセンターで閲覧することができます。これらを活用して、早期に自分だけの優良企業を見つけましょう。

就活に役立つ書籍が多数閲覧できるキャリアセンターに行ってみよう

参考図書:
『「就職四季報」パーフェクト活用術―成功するための7つのステップ』「就職四季報」編集部編(東洋経済新報社)
『「四季報」で勝つ就活』田宮寛之著(三修社)
『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』東洋経済CSRプロジェクトチーム・岸本吉浩著 山本昌弘監修(東洋経済新報社)
『CSR企業総覧』(東洋経済新報社)

※キャリアセンターでは、「業界・企業研究に効く講座」
視点を広げて業界・企業研究に取り組むための方法がわかる各種講座を開催します。
詳細はこちら

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる