Waseda Weekly早稲田ウィークリー

キャリアコンパス

早稲田のインターンシップは一味違う! 4月16日(土)ガイダンス実施

未来を描くためにインターンシップに参加しよう!

internship大学生になると急に聞くようになる言葉、「インターンシップ」。学生が夏休みなどを利用し、企業や官公庁、非営利団体などのさまざまな職場で一定期間就業体験を行い、「会社ってこんなところ」「仕事ってこんな感じ」という経験を積むことのできる制度です。
早稲田大学では、インターンシップを進路に対する具体的な考えを深める機会であり、キャリア教育の一環として位置付けています。

 

キャリアセンターが提供するインターンシップ

キャリアセンターが提供するプログラムは、一般的なインターンシップ情報提供サイトなどとは違い、早大生に合ったプログラムや高い成果が期待できるプログラムが多くそろっているのが特徴です。 また、個人では応募しにくい自治体や機関も含まれています。キャリアセンターでは以下の3種類のプログラムや情報を提供しています。

  1. 公認プログラムWIN
    夏季休業期間中の10日間以上の就業と、春学期と秋学期の事前・事後授業を組み合わせたプログラムで、就業後の成果が期待できます。
  2. 提携プログラム
    キャリアセンターが学生と優良なプログラムの受け入れ機関を仲介する、またはキャリアセンターを通さないと就業できないプログラムを用意しています。
  3. MyWasedaで探す上記以外の「インターンシップ情報」
    5日間以上の就業期間があるプログラムで、キャリアセンター宛てに募集があった情報を提供しています。

その他に学部・研究科が実施するプログラム(各学部・研究科に所属する学生のみが対象)があります。こちらについては各所属事務所にお問い合わせください。

インターンシップのメリット

meishikoukanしっかりと目的意識を持ってインターンシップを体験することで、就職活動のゴールだけではなく、 その先にどんな社会人になりたいか、自分の未来を描くことができるようになり、そのためにすべきことが見えてきます。
キャリアセンターでは、インターンシップのメリットを大きく次の4つと捉えています。

  1. 「働く」ということに対する具体的なイメージと明確な目標が見えてきます。
  2. 自分の力を「社会で試す」経験ができます。
  3. 実際働いている社会人から生の情報が得られるとともに、他大学の学生とのネットワークもできます。
  4. 目標となる人物像が見えてきます。

インターンシップに参加した先輩の声

文化構想学部 4年 平岡 泰起

文化構想学部2016年3月卒業 平岡 泰起 (ひらおか・たいき)
インターンシップ先:テレビ局1社、メーカー1社、金融1社、テレビ制作会社1社
内定先:TOKYO MXテレビ

インターンシップほど就職活動にとって役立つものはないと思います。私は、インターンシップ中に名刺を頂いた社員とその後も連絡を取り、OB訪問やES添削、模擬面接など就職活動全般の対策をしていただきました。さらに、同じ業界を志望する仲間と交流できる点からもそう言えるでしょう。本選考中、同じ業界を第一志望に見据える彼らと情報交換やSPI対策など勉強会を開き、切磋琢磨(せっさたくま)して一緒に取り組んでいました。私は業種の異なる4社のインターンシップに参加しました。興味のある業界の中でどれが自分に適しているのか分からなかったためです。「まだ志望業界が絞れない!」という人は、まずインターンシップに応募してみてはいかがでしょうか。社会人になっても、インターンシップで得た人脈は役に立つだろうと考えています。

法学部 4年 山田 有莉

法学部 2016年3月卒業 山田 有莉(やまだ・ゆり)
インターンシップ先:荒川区
内定先:東京都庁

私は荒川区福祉部障害者福祉課で就業しましたが、区役所だけではなく、区内の5つ以上の障がい者施設でインターンシップを行いました。区役所の方々をはじめ、障がい者施設での職員や利用者の方々との出会いやそこでの経験により、公務員として働きたいという意思が強くなりました。公認プログラムWINでのインターンシップ経験は、自分が予想していたよりも多くの人との出会いがあり、貴重な経験ができました。そしてその経験が自信につながるとともに、自分自身に足りないものについて気付くきっかけにもなりました。WINに参加することによりさまざまな出会いや学び、気付きに出合えると思います。

実際にインターンシップに参加してみよう!

公認プログラムWIN
「行政」「国際協力」「マスメディア」「ビジネス」の4コースがあり、学部生のみが参加できます。また、単位修得の対象となります。 WINに参加するには、プレエントリーが必要です。4月16日(土)に開催されるガイダンスに参加して、しっかりと準備をしましょう。申し込み方法などはリンク先をご覧ください。キャリ活_WINスケジュール

提携プログラム(キャリアセンターを仲介するインターンシップ)
募集対象、選考方法は、プログラムにより異なります。希望するプログラムに関連した科目の履修歴、活動などを考慮して選考を行う場合もあります。
詳細はキャリアセンター配布の『インターンシップの手引き2016』で確認するとともに、キャリアセンターWebサイトのNews欄の応募方法をご確認ください。

MyWasedaで探す①②以外の「インターンシップ情報」
探し方や注意点については、リンク先のキャリアセンターWebサイトをご覧ください。

インターンシップについて、各プログラムの詳細や申し込み方法などが網羅されている手引き

インターンシップについて、各プログラムの詳細や申し込み方法などが網羅されている手引き

また、キャリアセンターなど学内各所で『インターンシップの手引き2016』を配布しています。インターンシップをしたいと考えている人は、この手引きをよく読み、自分に合ったインターンシップを見つけてください。
また、キャリアセンターインターンシップデスクのWebサイトでは、各プログラムの詳細情報の他、先輩の体験談や外国人留学生向けの情報なども掲載されていますので、こちらも併せてご覧ください。

【問い合わせ】
キャリアセンターインターンシップデスク

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる