TWIns早稲田大学 先端生命医科学センター(TWIns)

News

ニュース

ボン大学デーの一環でライフサイエンスセッションをTWInsにて実施しました

ボン大学と本学は、1960年に学術交流協定を締結して以来、緊密な交流を続けてきました。両大学の学術交流を深める場として、2010年10月に 「早稲田大学におけるボン大学デー」を、また翌2011年12月には「ボン大学における早稲田大学デー」を開催しており、今回は再びボン大学デーを本学にて開催する運びとなりました。

今回のボン大学デーのため、ボン大学からは学長を含め、20名を超える教職員が来校し、終日に渡って様々なプログラムを共同で開催しました。ボン大学デーの一環として、10月9日にTWInsにてライフサイエンスセッション” 20th German-Japanese Joint Symposium between the University of Bonn and Waseda University: Life Science Session on the University of Bonn Day” を実施しました。

22279608_747049962172110_4391502596398329227_n 22279932_747050288838744_6373849313691256286_n

ライフサイエンスセッションの主催者はボン大学のミヒャエル・ホッホ学長とヴァルデマール・コラヌス教授、本学先進理工学部生命医科学科の朝日 透教授、井上 貴文教授、竹山 春子教授が務めました。冒頭にコラヌス教授と朝日教授より開会の挨拶があり、両大学の教授や研究員、学生等による口頭講演が続きました。

22282005_747050442172062_4228698095498441744_n 22281972_747049968838776_5972518571777762427_n        22405758_747050372172069_1994835336592481662_n 22308934_747050448838728_4386554356140141778_n 22308881_747050552172051_6717618279137372711_n 22308874_747050302172076_8664973465685771185_n

参加者からも活発に質問が飛び交い、両大学の研究内容について議論を深める非常に有意義なセッションが行われました。ライフサイエンスセッションが閉会となり、TWInsを出発された後も、終日に渡って両大学の交流が続きました。

ボン大学デーでは両大学の関係性の更なる向上を目指して「戦略的パートナーシップ協定」への調印も行っており、今後益々ボン大学と本学の学術交流が発展していくことが期待されます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/twins/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる