TWIns早稲田大学 先端生命医科学センター(TWIns)

About the TWIns

TWInsについて

Overview

沿革・概要

沿革

東京女子医科大学と早稲田大学は、人工心臓の研究開発をはじめとする医学と工学にまたがる学際的研究で、50年以上にわたり協力と交流を進めてきました。

2000年に正式な学術交流協定を締結すると、2008年4月には東京女子医科大学と早稲田大学による医理工融合研究教育拠点である「東京女子医科大学・早稲田大学 連携先端生命医科学研究教育施設」が創設されました。

東京女子医科大学のT、早稲田大学のW、そしてInstitution(施設)を組み合わせ、この施設の通称を、”双子”という意味を持つ「TWIns(ツインズ)」と命名し、両大学同時に「先端生命医科学センター」をTWIns内に設置しました。

施設概要

TWInsでは、両大学の医工連携のノウハウをベースとして共同研究施設の整備を行い、医療臨床分野と理工系分野を融合する研究および人材育成のための体制を強化し、生命医療系分野における研究成果で社会に貢献することを目指しています。

安全・衛生面に最重点をおいた実験室をはじめ、共通機器の管理・運営体制を構築するなど、優れた研究環境が整備されています。また、施設の竣工と同時に細胞培養や動植物の飼育関係施設、汎用性の高い研究設備等を整備しており、順次高度な研究や応用研究を共同で展開するために必要な研究装置や設備を頻度の高い順から設置しています。

研究概要

人類にとって健康や福祉は大きなテーマであり、次世代に向けて医学・医療と理工学の融合による生命科学や医工学といった新領域の発展が強く望まれています。

病気の予防、診断、治療には超微小システム、画像情報伝達技術、バイオマテリアルといった最先端テクノロジーを導入し、高度な先端医療を実現させることが期待されています。そのためには医理工連携の推進は不可欠であり、医学と理工学を融合させた新たな学問領域を創出することが必要です。

TWInsで行われている研究は学際領域にあり、その学問分野は生命科学、医学、理工学、生物学、など多岐にわたります。最先端テクノロジーの導入による高度先端医療の実現を目指し、東京女子医科大学・早稲田大学の連携とともに次世代型医理工連携の推進拠点として活動をしています。

教育概要

TWInsでは、修士課程・博士課程を含む大学院教育を中心に行い、学部レベルでは2、3年生が実験実習のために施設を利用する他、研究室に配属された4年生が卒業研究を行っています。

TWInsに所属し研究活動を行っているのは創造理工学研究科の総合機械工学科/専攻、先進理工学研究科の生命医科学科/専攻、電気・情報生命工学科/専攻、生命理工学専攻、教育学部理学科の生物学専修の一部または全研究室です。加えて2010年度4月からは、日本初の共同大学院専攻である東京女子医科大学と早稲田大学との共同大学院専攻「共同先端生命医科学専攻」、東京農工大学と早稲田大学との共同大学院専攻「共同先進健康科学専攻」がスタートし、教育においても益々の充実が図られています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/twins/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる